人気ブログランキング |

十勝平野のど真ん中、中札内村にある「エゾリス君の宿 カンタベリー」から森の中の出来事、エゾリス、野鳥、周辺の観光スポット、宿の事などを紹介します。


by tkomcanter

タグ:ヘリタンス・カンダラマ ( 2 ) タグの人気記事

f0276498_22482327.jpg
今回の旅の目的のひとつ・・
スリランカの天才建築家「ジェフリー・バワ」が設計した
ホテルに泊まること。
ゴールにある「ジェットウィング・ライトハウス」
f0276498_22435091.jpg
バワが晩年に手掛けたリゾートホテルの最高傑作と言われています。
海岸線の地形を生かして造られて、夕陽がきれいな場所です。
f0276498_22475385.jpg
もちろんオーシャンビューの部屋
f0276498_22443652.jpg

部屋から見る夕景とインド洋とプール
f0276498_22451957.jpg
f0276498_22461407.jpg
ホテルに入ってすぐの螺旋階段は
f0276498_22520959.jpg
いきなりアートな雰囲気。
f0276498_22470727.jpg
廊下のこの雰囲気がバワらしい?

コロンボ市内にある「ナンバー11」というバワが暮らしていた家を訪れました。事前予約すれば案内付で見学できます。
f0276498_22532164.jpg
玄関を入ってすぐの長い廊下
正面には「ヘリタンス・カンダラマ」にある
f0276498_22535539.jpg
フクロウの原型作品がありました。
バワがいたリビング
f0276498_22550518.jpg
さすが建築家のお宅、彼の建築作品の原型がここにあるのですね!

ナンバー11の近く「パラダイスロード・ザ・ギャラリー・カフェ」
f0276498_22580047.jpg
バワがオフェスとして使っていた建物を改装。
f0276498_22582086.jpg
レストランと雑貨店になっています。

スリランカ5泊目で泊まった「ヘリタンス・カンダラマ」
f0276498_23001131.jpg
主にビーチリゾートを手掛けてきたバワには珍しく
森の中のリゾートホテル。
f0276498_23005791.jpg
周りの自然を生かしたというより・・一体化してしまっています。
f0276498_23012638.jpg
f0276498_23030908.jpg
カフェの壁からは岩がむき出し
f0276498_23035878.jpg
f0276498_23020103.jpg
プールはカンダラマ湖と一体化しています。
f0276498_23022491.jpg
そして・・フクロウの巨大オブジェ

vol.14(スリランカからバンコクへ)へつづく

2015光輝く島セイロン(スリランカ)vol.1~千歳からタイ航空で南の島へ~
2015光輝く島セイロン(スリランカ)vol.2~最古の仏教都市アヌラーダプラ~
2015光輝く島セイロン(スリランカ)vol.3~千年前の古都・ポロンナルワ~
2015光輝く島セイロン(スリランカ)vol.4~天空の都市シーギリア・ロック~
2015光輝く島セイロン(スリランカ)vol.5~世界遺産の石窟寺院ダンブッラ~
2015光輝く島セイロン(スリランカ)vol.6~シンハラ王朝の古都キャンディ~
2015光輝く島セイロン(スリランカ)vol.7~ビンナラワ・ゾウの孤児園~
2015光輝く島セイロン(スリランカ)vol.8~キャンディ王朝の象徴・仏歯寺~
2015光輝く島セイロン(スリランカ)vol.9~高原列車でヌワラ・エリヤへ~
2015光輝く島セイロン(スリランカ)vol.10~紅茶畑広がる英国風の避暑地~
2015光輝く島セイロン(スリランカ)vol.11~コロニアルな港町・コロンボ~
2015光輝く島セイロン(スリランカ)vol.12~旅の最終地点が”ゴール”~
2015光輝く島セイロン(スリランカ)vol.14~スリランカからバンコクへ~
2015光輝く島セイロン(スリランカ)vol.15~14年振りのバンコクを歩く~
2015光輝く島セイロン(スリランカ)vol.16最終回~カレーと紅茶と動物たち~

エゾリス君の宿カンタベリーのホームページ(新しい宿のサイトです)へ
2007年から公開している「カンタベリーの旧ホームページ」へ
マイとかちブログ「十勝・中札内村 森の中より」へ
エゾリス・カンタの日記~十勝・中札内村 森の住人たち~(Yahooブログ)へ


にほんブログ村
にほんブログ村 小動物ブログ リスへ
にほんブログ村




by tkomcanter | 2016-01-01 22:56 | | Comments(0)
f0276498_16312942.jpg
シーギリヤからタクシーで世界遺産の石窟寺院がある
ダンブッラに向かいます。
f0276498_16324130.jpg
ダンブッラ新市街
この日の宿泊先は市街地から10キロほど山に入った
今回の旅でもっとも贅沢なホテル
f0276498_16333360.jpg
建築家ジェフリー・バワが設計した「ヘリタンス・カンダラマ」
f0276498_16353247.jpg
周辺の森と調和したリゾートホテルです。
(詳しくはバワの建築物特集で・・)
部屋に余裕があったのか?何とスイートルームに無料でアップグレードしてくれました。
f0276498_16343783.jpg
貧乏性には部屋が広すぎて落ち着かない?
お昼を食べはぐったので、とりあえず・・
f0276498_16480981.jpg
日本から持ってきた「豚汁うどん」でも食べよう。
f0276498_16365701.jpg
夕食はリッチなバイキング
f0276498_16372612.jpg
そして、朝食時には・・
f0276498_16374767.jpg
カンダラマ湖とその先には前日登ったシーギリヤ・ロックが見えます。
f0276498_16380657.jpg
贅沢な一日を過ごした後は、ダンブッラ寺院の見学です。
f0276498_16392085.jpg
おっと、なんだこれは!
「ゴールデン・テンプル」というらしい。
ここで、チケットを買って、この裏にある岩山にある石窟寺院に登るのです。
f0276498_16403116.jpg
道中、サルの群れがあちこちにいます。
f0276498_16395712.jpg
そして・・展望所からは宿泊していた「ヘリタンス・カンダラマ」も見えます。
階段を登ること約20分、寺院の門が見えたら・・

f0276498_16411414.jpg
こちらで脱いだ靴を預けて寺院に入ります。
(スリランカでは屋外であろうと、寺の敷地内にはいる時は靴を脱がなければなりません)
f0276498_16414443.jpg
大きな岩の下に造られた白い寺院の建物
ダンブッラの石窟は第1窟から第5窟まであり
1が最も古く2・3・・・と時代が新しくなっていきます。
f0276498_16421444.jpg
第1窟のダンブッラ最大の涅槃仏
f0276498_16424161.jpg
もちろん石仏も見事ですが・・
f0276498_16430550.jpg
天井の壁画もほんとうに素晴らしい!
f0276498_16433305.jpg
第3窟・・少しずつ趣きが変わってきます。
f0276498_16435523.jpg
どこを見ても貴重な仏教芸術・・
f0276498_16442058.jpg
とても写真には収めきれないですね!

vol.6へつづく

2015光輝く島セイロン(スリランカ)vol.1~千歳からタイ航空で南の島へ~
2015光輝く島セイロン(スリランカ)vol.2~最古の仏教都市アヌラーダプラ~
2015光輝く島セイロン(スリランカ)vol.3~千年前の古都・ポロンナルワ~
2015光輝く島セイロン(スリランカ)vol.4~天空の都市シーギリア・ロック~
2015光輝く島セイロン(スリランカ)vol.6~シンハラ王朝の古都キャンディ~
2015光輝く島セイロン(スリランカ)vol.7~ビンナラワ・ゾウの孤児園~
2015光輝く島セイロン(スリランカ)vol.8~キャンディ王朝の象徴・仏歯寺~
2015光輝く島セイロン(スリランカ)vol.9~高原列車でヌワラ・エリヤへ~
2015光輝く島セイロン(スリランカ)vol.10~紅茶畑広がる英国風の避暑地~
2015光輝く島セイロン(スリランカ)vol.11~コロニアルな港町・コロンボ~
2015光輝く島セイロン(スリランカ)vol.12~旅の最終地点が”ゴール”~
2015光輝く島セイロン(スリランカ)vol.13~建築家ジェフリー・バワの作品~
2015光輝く島セイロン(スリランカ)vol.14~スリランカからバンコクへ~
2015光輝く島セイロン(スリランカ)vol.15~14年振りのバンコクを歩く~
2015光輝く島セイロン(スリランカ)vol.16最終回~カレーと紅茶と動物たち~


エゾリス君の宿カンタベリーのホームページ(新しい宿のサイトです)へ
2007年から公開している「カンタベリーの旧ホームページ」へ
マイとかちブログ「十勝・中札内村 森の中より」へ
エゾリス・カンタの日記~十勝・中札内村 森の住人たち~(Yahooブログ)へ


にほんブログ村
にほんブログ村 小動物ブログ リスへ
にほんブログ村



by tkomcanter | 2015-12-22 16:56 | | Comments(0)