十勝平野のど真ん中、中札内村にある「エゾリス君の宿 カンタベリー」から森の中の出来事、エゾリス、野鳥、周辺の観光スポット、宿の事などを紹介します。


by tkomcanter
f0276498_10534858.jpg
朝、本渡のホテルで今年の新年の旅は解散になります。
太郎は本渡のバスターミナルから熊本行きのバスに乗車。
私は天草にもう一泊して、翌朝の天草エアライン熊本行きに乗る事にしました。
レンタカーを借りて今度は天草上島を周ってみましょう。
f0276498_10544242.jpg
島を4分の3周して、道の駅有明へ
f0276498_10555229.jpg
妙にリアルなタコのオブジェ。
ここはタコが有名みたいなので・・
f0276498_10564342.jpg
昼食は「タコ天丼」
そして次は「天草五橋」を渡りましょう。
f0276498_10575747.jpg
まず5号橋を渡った先の前島。
天草四郎の像と後ろに見えるのが4号橋です。
f0276498_10585213.jpg
ちょっとべたなシードーナッツという海中水族館とホテル、レストランなどがあります。
f0276498_11001873.jpg
3号橋と2号橋の間の永浦島にある天草ビジターセンターから2号橋方面を望む。
2号橋を渡った先が大矢野島。
f0276498_11022854.jpg
「天草四郎ミュージアム」
映像やジオラマなどで天草四郎の生涯を紹介しています。
f0276498_11031439.jpg
この日の宿泊は大矢野温泉の小松屋渚亭という旅館にしてみました。
閑散期という事もあり、朝食付きで格安の料金にて泊めていただきました。
f0276498_11042191.jpg
部屋からは天草五橋の2号橋が見えるロケーション。
f0276498_11093143.jpg
夕食は宿の方に紹介してもらった「浜んくら」という海鮮料理店で。
f0276498_11051577.jpg
「づけ定食」魚はハマチかな?半分はお茶漬けにしていただきました。
f0276498_11121229.jpg
翌朝は朝食の後、早めに宿を出発し天草下島にある天草空港へ。
f0276498_11134257.jpg
こじんまりしているけど、きれいなターミナル。
f0276498_11151002.jpg
天草エアラインのチェックインカウンター、なんか高速船の乗船窓口みたいですね。
f0276498_11160794.jpg
10時10分発 AMX201便(JAL3872便)熊本行き
f0276498_11180871.jpg
f0276498_11171226.jpg
昨年種子島へ行った時と同じATR-42ですが、イルカのデザインがとてもかわいくて印象的ですね。
f0276498_11193346.jpg
手荷物検査を受けた後は・・もちろん徒歩で搭乗。
f0276498_11210275.jpg
職員総出で手作りのプラカードを持ってお見送り。
窓からは「子イルカ」が懸命にプロペラを廻しています。
ほぼ定刻通りに天草空港を飛び立った飛行機は水平飛行に入る暇もなく降下を始めます。
f0276498_11214222.jpg
30分足らずで熊本空港に着陸。
f0276498_11233137.jpg
空港バスに乗り換えて熊本駅へ。
f0276498_11243171.jpg
熊本中心部付近を熊本市電と並走。
f0276498_11255052.jpg
熊本駅に来るのは28年振りかな~。昔の面影がまったく見あたらないです。
f0276498_11271530.jpg
今度は初めての九州新幹線に乗り換え。
f0276498_11313340.jpg
みずほ614号 新大阪行き に乗車。
f0276498_11345132.jpg
こちらもあっという間の35分で博多に到着。
f0276498_11364325.jpg
博多駅から福岡空港は地下鉄で5分。
f0276498_11382938.jpg
・・良かった~千歳行きのJALに間に合った。
f0276498_11393000.jpg
JAL3515便 14:20発 新千歳行き
あらゆる交通機関を駆使して・・
同日中に北海道中札内村の自宅へ帰り着きました。




# by tkomcanter | 2019-01-31 11:40 | | Comments(0)
f0276498_09004077.jpg
ベトナム旅行も最終日になってしまいました。
深夜23時55分発東京/羽田行きで帰国予定なので・・
ほぼ丸一日、ホーチミンで過ごすことができます。
f0276498_09080022.jpg
f0276498_09025398.jpg
ホテルからもっとも近い観光地「中央郵便局」
レトロな建物ですが、現在も郵便局として営業しています。
f0276498_09091949.jpg
郵便局の隣りには「サイゴン大教会」
f0276498_09104388.jpg
ヴィンコム・センターは洗練されたショッピングモール。
f0276498_09141691.jpg
そしてホーチミンの目抜き通りドン・コイ通りにある
「ラッキープラザ」
f0276498_09114283.jpg
シンガポールにもありましたが、フィリピン系のショッピングモールのようで、良い雑貨類が安く買えました。
f0276498_09152666.jpg
そして・・ベトナムで一番の観光市場「ベンタン市場」
大半は外国人観光客ですが、なかなか楽しい所ですね。
f0276498_09170264.jpg
フランス風建築の「ホーチミン市人民委員会庁舎」
f0276498_09180734.jpg
ホーチミン名物、バイクの渋滞光景。
とにかく恐ろしい数のバイクが走っています。
日本の100倍以上でしょうね。
f0276498_09190978.jpg
バイク屋さんじゃないですよ!ハイランズコーヒーの駐輪場です。
f0276498_09200619.jpg
最後のハイランズコーヒー、今回のベトナム滞在中10回近く訪れました。
f0276498_09211028.jpg
最終日の夕食はこの奥の古いビル屋上にある「シークレットガーデン」というベトナム料理店に行ってみます。
生活感たっぷりのビルを階段で4階(屋上)まで上ると・・
f0276498_09240027.jpg
まさにシークレットガーデン。店内は満席です。
f0276498_09244688.jpg
「333ビール」
f0276498_09255539.jpg
f0276498_09264240.jpg
手巻きの生春巻きやベトナム田舎料理など・・
不思議な空間でベトナム料理を満喫しました。
f0276498_09274006.jpg
クリスマスを前に街はイルミネーションで溢れています。
f0276498_09284178.jpg
ソフィテル・サイゴン・プラザで預けていた荷物を受け取り、タクシーでタンソンニャット空港へ向かいます。
f0276498_09305713.jpg
JAL070便は機材到着遅れの為、1時間ほでディレイです。
f0276498_09295167.jpg
1時間遅れで翌朝羽田に到着、そしてそのまま帯広行きに乗り継ぎ
f0276498_09345307.jpg
JAL帯広線定番の羽田空港第1ターミナル24番ゲート。



にほんブログ村

# by tkomcanter | 2019-01-30 09:37 | | Comments(0)
f0276498_22011085.jpg
天草・富岡港で「祝・世界文化遺産登録 崎津集落」という横断幕がかかっていました。「崎津集落」?これは行かねば!
観光案内所でバスの便を聞いてみましたが、どうやら行って帰って来るのは厳しいようです。
・・なので、レンタカーを借りました。
f0276498_22025247.jpg
富岡港から崎津集落までは車で1時間余りです。
途中にある「大江天主堂」に立ち寄ります。
f0276498_22034334.jpg
隠れキリシタンの里ゆかりの教会です。
f0276498_22053678.jpg
天草キリシタン文化の博物館です。
f0276498_22100451.jpg
いよいよ崎津集落へ。
f0276498_22115619.jpg
街並み自体は至って普通の漁村。
f0276498_22142032.jpg
しかし高台にある神社の鳥居の間から教会が見えます。
f0276498_22131217.jpg
そう、ここ崎津は隠れキリシタンの文化が息づく集落・・
このことが世界文化遺産に登録された理由なのです。
f0276498_22145973.jpg
集落の中心にありシンボル的な存在の崎津教会。
f0276498_22154939.jpg
和風商家の格子戸からみる教会も趣きがあります。
f0276498_22170319.jpg
商家(崎津資料館)のそばは漁港。
f0276498_22245929.jpg
そして漁港の入口に立つ灯台?と思いきや・・
これがマリヤ像なのです。海上マリヤ像と呼ばれています。
f0276498_22265505.jpg
昨年の7月に世界遺産登録されたばかりの崎津集落。
あちらこちらで観光施設や商業施設の建設ラッシュでした。
数年後には整備された観光地として多くの人が訪れているのでしょうね!
この日の宿泊先を天草の中心地・本渡に決め・・
道中、牛深に立ち寄ります。
f0276498_22281399.jpg
旧牛深市(現在は天草市)
天草下島南部の中心地です。
f0276498_22325444.jpg
夕暮れの牛深港。
f0276498_22305148.jpg
どうやら鹿児島方面からフェリーが到着したようです。
f0276498_22294064.jpg
港を塞ぐように湾曲するスタイリッシュな橋梁。
イタリア人建築家設計の「牛深ハイヤ大橋」

牛深から本渡までは車で約1時間。
f0276498_22334574.jpg
f0276498_22355545.jpg
川のように見えるけど、下島と上島を隔てる海峡沿いのアマクササンタカミングホテル」という宿にチェックイン。
f0276498_22364930.jpg
宿中サンタだらけ!あ~そうか”サンタ”が”カミング”するという意味だったのですね!
f0276498_22381292.jpg
本渡市街のアーケード街。
まさに旧本渡市(現在の天草市)は天草の中心都市です。ファミレス、コンビニ、大型スーパーなどなど都会的なものが揃っています。
f0276498_22391422.jpg
f0276498_22403182.jpg
島の海の幸が美味しそうな料理店で本日の飲み会です。
f0276498_22414723.jpg
天草地鶏の天草大王も美味でした。
天草も食の宝庫ですね!


昨年(22回目)の新年の旅


# by tkomcanter | 2019-01-28 22:42 | | Comments(0)
f0276498_23330049.jpg
リーズナブルな料金でフランス料理が楽しめるベトナム。
前回5年前は訪れなかったので、今回は行ってみました。
f0276498_23344726.jpg
ソフィテル・サイゴン・プラザの2階にある「L'Olivier」というフレンチ・レストランです。
本格的なフランス料理店に入るのは何十年振りでしょうか?
f0276498_23354622.jpg
前菜とワインにつづいて出てきたメインは「子羊の何とか・・」
f0276498_23364540.jpg
確かに・・上品で美味しいですね!
f0276498_23373640.jpg
食後のデザート、これまた上品。
ベトナムに居ることを忘れてしまう優雅なひと時でした。

翌朝は少し節約しましょう。
f0276498_23393267.jpg
行きつけハイランズコーヒーのバインミーセット 日本円で約300円
この日はホーチミンの中でも庶民的な地区チョロンを訪れてみます。
f0276498_23402841.jpg
市中心部ベンタン・バスターミナルから1番のバスで約30分。
f0276498_23412969.jpg
お~つり革がカップラーメン?
f0276498_23423179.jpg
チャイナタウンを通り過ぎ、ビンタイ市場近くのバスターミナルが終点です。
f0276498_23432758.jpg
ドンコイ通りとは異なり、昔ながらのベトナムの雰囲気たっぷり。
f0276498_23450997.jpg
なぜかこういう所を歩いていると落ち着きますね!
f0276498_23455508.jpg
ベンタン市場が観光市場なのに比べビンタイ市場は庶民的な市場で生活感があります。
f0276498_23465991.jpg
しばらくリニューアル工事中でしたが、つい数週間前に新装オープンしたばかりのようです。
f0276498_00004713.jpg
ちょっとお腹が空いてきたので、屋台街で生春巻きとジュース。
f0276498_23594384.jpg
f0276498_00013560.jpg
昼過ぎには市中心部ベンタン市場前まで戻って来ました。
f0276498_00022973.jpg
f0276498_00032451.jpg
「シンガポール海南チキンライス」の昼食。
f0276498_00051300.jpg
そしてバイクで溢れる信号のない道を渡りながら・・
f0276498_00060577.jpg
ホーチミン滞在中、毎日通った足つぼマッサージ店へ。

夕食はホーチミン初日に訪れたベトナム料理店で・・
f0276498_00071541.jpg
ビールを飲みながら・・
f0276498_00080494.jpg
f0276498_00090394.jpg
揚げ春巻きなどなど・・
f0276498_00095006.jpg
〆はまたもやハイランズコーヒーでデザート&コーヒー。




にほんブログ村

# by tkomcanter | 2019-01-27 23:48 | | Comments(0)
f0276498_11434854.jpg
1月下旬から2月中旬はここ十勝でも最も寒い季節です。
寒いのは決して悪い事ばかりではありません。
極寒地ならではの素晴らしい風景に出会えるからです。
今朝の中札内村の最低気温はマイナス15℃。
無風・快晴なので更別霧氷ツアーへ。
f0276498_11442550.jpg
朝6時40分、更別村勢雄(霧氷スポット)
背後の日高山脈が朝日を浴びて浮かび上がってきます。
f0276498_11452263.jpg
十勝幌尻岳と日高山脈。
この場所から望む日高山脈もなかなか良いですね!
f0276498_11464821.jpg
日の出時刻6時47分より10分ほど遅れて、後ろの丘から日が昇り始めます。
f0276498_11494245.jpg
朝日に照らされて、霧氷の木々が輝きます。
f0276498_11503497.jpg
f0276498_11510828.jpg
f0276498_11515013.jpg
いつ見ても素晴らしい・・この時期限定の光景です。

エゾリス君の宿カンタベリー
「さらべつ霧氷ツアー」
f0276498_11524091.jpg
宿泊者限定、マイナス15℃以下、無風、快晴の日
朝6時に宿を出発、車で20分の更別霧氷スポットへ
ご案内しています。


# by tkomcanter | 2019-01-27 11:54 | 更別村 | Comments(0)