人気ブログランキング | 話題のタグを見る

十勝平野のど真ん中、中札内村にある「エゾリス君の宿 カンタベリー」から森の中の出来事、エゾリス、野鳥、周辺の観光スポット、宿の事などを紹介します。


by tkomcanter
帯広空港から短時間で行ける本州の名湯<3>霧島温泉郷(鹿児島)_f0276498_23272141.jpg
帯広から鹿児島までは直線距離で2000キロ以上離れていますが、霧島温泉郷は空港から車で30分です。
帯広空港から短時間で行ける本州の名湯<3>霧島温泉郷(鹿児島)_f0276498_23283098.jpg
種子島や屋久島などを訪れる時に何度か宿泊しています。
帯広空港から短時間で行ける本州の名湯<3>霧島温泉郷(鹿児島)_f0276498_23290153.jpg
鹿児島空港は鹿児島市内からは離れていますが、離島路線が充実しているので乗り継ぎには便利ですね。
帯広空港から短時間で行ける本州の名湯<3>霧島温泉郷(鹿児島)_f0276498_23290918.jpg
帯広空港から短時間で行ける本州の名湯<3>霧島温泉郷(鹿児島)_f0276498_23291895.jpg
ターミナル内には航空展示室があり、日本エアコミューターの訓練施設も見学できます。
帯広空港から短時間で行ける本州の名湯<3>霧島温泉郷(鹿児島)_f0276498_23292794.jpg
空港でいつも頂く、山形屋レストランのかた焼きそば。
帯広空港から短時間で行ける本州の名湯<3>霧島温泉郷(鹿児島)_f0276498_23311062.jpg
旅行人山荘の客室から望む、錦江湾と桜島。
帯広空港から短時間で行ける本州の名湯<3>霧島温泉郷(鹿児島)_f0276498_23320964.jpg
(霧島温泉大使・アヒル隊長)
霧島温泉郷は霧島連山の麓に点在する温泉の総称です。
空港でレンタカーを借りて30分ほどで到着できるので便利な温泉地ですね。
帯広空港から短時間で行ける本州の名湯<3>霧島温泉郷(鹿児島)_f0276498_23314236.jpg
霧島温泉郷の丸尾地区にある足湯。
帯広空港から短時間で行ける本州の名湯<3>霧島温泉郷(鹿児島)_f0276498_23324136.jpg
何度か宿泊した霧島観光ホテルの露天風呂。
乳白色の硫黄泉は雰囲気がありますね。
帯広空港から短時間で行ける本州の名湯<3>霧島温泉郷(鹿児島)_f0276498_23325250.jpg
こちらは霧島観光ホテルの夕食です。
帯広空港から短時間で行ける本州の名湯<3>霧島温泉郷(鹿児島)_f0276498_23354090.jpg
もう一カ所お気に入りの宿・旅行人山荘の客室。
帯広空港から短時間で行ける本州の名湯<3>霧島温泉郷(鹿児島)_f0276498_23355993.jpg
この宿は少し高台にあるので見晴らしが良いです。
帯広空港から短時間で行ける本州の名湯<3>霧島温泉郷(鹿児島)_f0276498_23362608.jpg
そして、こちらの貸切露天風呂が人気です。
帯広空港から短時間で行ける本州の名湯<3>霧島温泉郷(鹿児島)_f0276498_23364758.jpg
旅行人山荘の夕食会席。
帯広空港から短時間で行ける本州の名湯<3>霧島温泉郷(鹿児島)_f0276498_23372644.jpg
黒豚と霧島鶏の焼き物。
帯広空港から短時間で行ける本州の名湯<3>霧島温泉郷(鹿児島)_f0276498_23375047.jpg
朝風呂に入ってから朝食。
さらに温泉に入って、ゆっくりチェックアウト。
帯広空港から短時間で行ける本州の名湯<3>霧島温泉郷(鹿児島)_f0276498_23394295.jpg
鹿児島空港の出発口にも足湯。
帯広空港から短時間で行ける本州の名湯<3>霧島温泉郷(鹿児島)_f0276498_23382494.jpg
JALのサクララウンジでゆっくりしてから搭乗です。
帯広空港から短時間で行ける本州の名湯<3>霧島温泉郷(鹿児島)_f0276498_23331369.jpg
帯広空港から短時間で行ける本州の名湯<3>霧島温泉郷(鹿児島)_f0276498_23332068.jpg
鹿児島空港を午後に出発する便に搭乗すれば、帯広まで帰ることが出来ます。



# by tkomcanter | 2024-05-31 23:54 | | Comments(0)
ウッドデッキの花壇が完成!エゾリス君もガーデンも夏仕様へ!_f0276498_20195152.jpg
今年もウッドデッキの跡地を花壇にしてみました。
ウッドデッキの花壇が完成!エゾリス君もガーデンも夏仕様へ!_f0276498_20204861.jpg
昨年よりちょっとボリュームを増やしています。
ウッドデッキの花壇が完成!エゾリス君もガーデンも夏仕様へ!_f0276498_20201116.jpg
いつもの通り、エゾリス君がやって来ました。
ウッドデッキの花壇が完成!エゾリス君もガーデンも夏仕様へ!_f0276498_20212951.jpg
なんだか毛が斑になってる?
冬毛から夏毛へ、衣替えの真っ最中ですね!
ウッドデッキの花壇が完成!エゾリス君もガーデンも夏仕様へ!_f0276498_20220360.jpg
カンタベリーの庭が一気に華やかになりました。
ウッドデッキの花壇が完成!エゾリス君もガーデンも夏仕様へ!_f0276498_20222344.jpg
エゾリス君もガーデンも夏仕様へ移行中!


# by tkomcanter | 2024-05-28 20:47 | 花(カンタベリーのガーデン) | Comments(0)
5月下旬、新緑のこの季節・・中札内村の農村風景がお勧め!_f0276498_22043601.jpg
5月下旬のこの時期は新緑が心地良いですね!
5月下旬、新緑のこの季節・・中札内村の農村風景がお勧め!_f0276498_22045495.jpg
中札内の市街地から札内川を渡って、新札内丘陵地にやって来ました。
5月下旬、新緑のこの季節・・中札内村の農村風景がお勧め!_f0276498_22050699.jpg
丘陵地の先に日高山脈・十勝幌尻岳を望むお気に入りのビューポイントです。
5月下旬、新緑のこの季節・・中札内村の農村風景がお勧め!_f0276498_22052090.jpg
畑の畝が真っすぐと空へ向かってのびていますね。
5月下旬、新緑のこの季節・・中札内村の農村風景がお勧め!_f0276498_22053873.jpg
5月下旬、新緑のこの季節・・中札内村の農村風景がお勧め!_f0276498_22055446.jpg
5月下旬、新緑のこの季節・・中札内村の農村風景がお勧め!_f0276498_22060472.jpg
新緑の畑と少し雪の残る日高山脈そして青い空。
この時期の農村風景は特にお勧めです。
5月下旬、新緑のこの季節・・中札内村の農村風景がお勧め!_f0276498_22061223.jpg
丘の上にある一本の木のそばにこんな小さな木?あったっけ!


# by tkomcanter | 2024-05-23 22:11 | 中札内村 | Comments(0)
15年以上前から咲き続ける「奇形のオオバナノエンレイソウ」_f0276498_19272101.jpg
カンタベリーの庭では今月に入ってから、次々と山野草が咲いています。ひとつひとつ紹介するのが追いつきません。
15年以上前から咲き続ける「奇形のオオバナノエンレイソウ」_f0276498_19275169.jpg
G.W.明けに咲いたシラネアオイです。株がかなり大きくなりましたね。
15年以上前から咲き続ける「奇形のオオバナノエンレイソウ」_f0276498_20115473.jpg
黄花カタクリです。こちらは植えてから18年になりますね。
15年以上前から咲き続ける「奇形のオオバナノエンレイソウ」_f0276498_19381504.jpg
不思議な形の花が咲くタイツリソウ。
15年以上前から咲き続ける「奇形のオオバナノエンレイソウ」_f0276498_19390570.jpg
15年以上前から咲き続ける「奇形のオオバナノエンレイソウ」_f0276498_19284799.jpg
15年以上前から咲き続ける「奇形のオオバナノエンレイソウ」_f0276498_19392460.jpg
数日前からはチューリップも咲き始めました。
北海道は雪どけの後、一気に春の花が咲きますね!
15年以上前から咲き続ける「奇形のオオバナノエンレイソウ」_f0276498_19402685.jpg
すっかり庭に馴染んだオオバナノエンレイソウ、今年も元気に咲いています。
15年以上前から咲き続ける「奇形のオオバナノエンレイソウ」_f0276498_19395827.jpg
花びらの数が多く、形も変わっています。
オオバナノエンレイソウは奇形が出やすいようですが、その中でも不思議な花ですね!


# by tkomcanter | 2024-05-22 20:16 | 花(カンタベリーのガーデン) | Comments(0)
北海道の名湯”登別温泉”に宿泊、初めての「ウポポイ」へ(2)_f0276498_17371494.jpg
やはり名湯・登別温泉ですね。最後にもう一度、温泉に入ってから第一滝本館をチェックアウト。
北海道の名湯”登別温泉”に宿泊、初めての「ウポポイ」へ(2)_f0276498_17365808.jpg
今回の旅でもうひとつの目的地へ。
登別温泉から車で40分の白老町に到着しました。
北海道の名湯”登別温泉”に宿泊、初めての「ウポポイ」へ(2)_f0276498_17372865.jpg
初めて訪れる「ウポポイ~民族共生象徴空間~」
北海道の名湯”登別温泉”に宿泊、初めての「ウポポイ」へ(2)_f0276498_17374898.jpg
コロナ禍の2020年に開園した国立の施設です。
北海道の名湯”登別温泉”に宿泊、初めての「ウポポイ」へ(2)_f0276498_17380281.jpg
北海道の名湯”登別温泉”に宿泊、初めての「ウポポイ」へ(2)_f0276498_17382574.jpg
ホロト湖畔の広大な敷地に国立アイヌ民族博物館、体験交流ホール、伝統的コタンなどがあります。
北海道の名湯”登別温泉”に宿泊、初めての「ウポポイ」へ(2)_f0276498_17384754.jpg
こちらはアイヌのコタンを復元しています。
北海道の名湯”登別温泉”に宿泊、初めての「ウポポイ」へ(2)_f0276498_17390037.jpg
住居の内部を見学することも出来ます。
北海道の名湯”登別温泉”に宿泊、初めての「ウポポイ」へ(2)_f0276498_17391258.jpg
カムイの窓、外から覗くことは厳禁だそうです。
北海道の名湯”登別温泉”に宿泊、初めての「ウポポイ」へ(2)_f0276498_17392565.jpg
イコㇿ(宝物)を保管している場所。
北海道の名湯”登別温泉”に宿泊、初めての「ウポポイ」へ(2)_f0276498_17393997.jpg
アイヌのチセ(家屋)でよく見る囲炉裏です。
北海道の名湯”登別温泉”に宿泊、初めての「ウポポイ」へ(2)_f0276498_17395032.jpg
見上げると、鮭の燻製が作られていますね。
北海道の名湯”登別温泉”に宿泊、初めての「ウポポイ」へ(2)_f0276498_17400562.jpg
園内を走る電気自動車です。
北海道の名湯”登別温泉”に宿泊、初めての「ウポポイ」へ(2)_f0276498_17401961.jpg
見学に夢中になっているとお昼を過ぎたので、カフェ・リㇺセというお店へ。
北海道の名湯”登別温泉”に宿泊、初めての「ウポポイ」へ(2)_f0276498_17403419.jpg
ユㇰカツカレー(鹿肉のカツカレー)をいただきます。
北海道の名湯”登別温泉”に宿泊、初めての「ウポポイ」へ(2)_f0276498_17410915.jpg
こちらはアイヌの伝統的保存食、ペネイモ。
お腹もいっぱいになったので、いよいよ国立アイヌ民族博物館を見学します。
1階部分はシアターとミュージアムショップなどがあり、エスカレーターで2階に上がった所がメインの展示スペースとなっています。
北海道の名湯”登別温泉”に宿泊、初めての「ウポポイ」へ(2)_f0276498_17405843.jpg
大きなガラス窓からはホロト湖とウポポイ全体が見渡せます。
とても見やすく興味深い展示なので、アイヌの歴史文化等がよく理解出来ました。
入園料¥1200で一日楽しめましたね!
ウポポイのホームページ外部リンク
北海道の名湯”登別温泉”に宿泊、初めての「ウポポイ」へ(2)_f0276498_17412729.jpg
ウポポイ、また訪れたいですね!



# by tkomcanter | 2024-05-20 17:51 | | Comments(0)