人気ブログランキング |

十勝平野のど真ん中、中札内村にある「エゾリス君の宿 カンタベリー」から森の中の出来事、エゾリス、野鳥、周辺の観光スポット、宿の事などを紹介します。


by tkomcanter

カテゴリ:旅( 219 )

f0276498_21332857.jpg
9月までの3か月間、1日も休まず営業してきました。
さすがに疲れてしまい・・10/1は休館にさせていただきました。
この半年間、家から50㎞以上離れていなかったので・・
気分転換に少し遠出をしてみました。
f0276498_21500537.jpg
中札内村から東へ車で約1時間「道の駅うらほろ」で休憩。
そして国道38号をさらに東へ・・右手には太平洋
久々に見る海です。
f0276498_21433784.jpg
白糠町でお昼過ぎになりました。良さげなお蕎麦屋さんがあったので入ってみました。
f0276498_21444351.jpg
大海老天と牡蠣そば
f0276498_21475638.jpg
釧路空港にやって来ました。
帯広空港では見る事ができない飛行機を見に来たのです。
f0276498_21483769.jpg
ANA新千歳行きの「ボンバルディアDHC8-Q400」
f0276498_21513187.jpg
HAC丘珠行きの「SAAB340B」
f0276498_21522018.jpg
空港3階のレストランたんちょう
f0276498_21532672.jpg
ストロベリーサンデーを食べながら・・飛行機を眺めます。

阿寒町の赤いベレーで温泉に入浴後・・釧路市内へ。
f0276498_21551166.jpg
回転寿司まつりや 本店(新橋店)
f0276498_21563838.jpg
f0276498_21571359.jpg
さすが本店・・この店はレベルが高いです。
f0276498_21574391.jpg
食後に釧路ラーメン。
f0276498_21583168.jpg
「河むら」の醤油ラーメン。
この日は1日釧路でリフレッシュ出来ました。


by tkomcanter | 2019-10-05 22:00 | | Comments(0)
f0276498_16104128.jpg
ソウル3日目。
韓国の知り合いと待ち合わせで「コエックスモール」へ。
f0276498_16112622.jpg
20年前?コエックスモールが出来たばかりの時、訪れて以来かな?
大きくリニューアルしたので、昔とはまったく別の施設になってしまった感じです。
f0276498_16132863.jpg
お洒落な本屋さん?かと思ったら・・何と図書館でした!
f0276498_16143513.jpg
昼食は地元の人お勧めのお店で・・キムチクッパ。
f0276498_16154067.jpg
コエックスモールをブラブラした後は・・
地下鉄で3つ先の駅「蚕室」へ。
f0276498_16161265.jpg
ロッテワールドとソウルスカイのあるエリアです。
ロッテマートで買い物をして
f0276498_16172861.jpg
今日もカフェでひと休み。
f0276498_16181522.jpg
ロッテワールドに隣接する石村湖も桜も名所のようです。
f0276498_16191766.jpg
f0276498_16104128.jpg
さくら祭りを開催中の様子。
今回のソウルの旅は桜を観に来た形になってしまいました。
f0276498_16201682.jpg
石村湖近くにある地元の人お勧めの焼肉屋さんにやって来ました。
f0276498_16231713.jpg
店内にある肉屋さんで好きな牛肉を買って、その場で焼いて頂くといったスタイルです。いきなりステーキみたいなイメージですね!
f0276498_16253278.jpg
高級国産牛(韓牛)ですね。口の中でとけてしまいます。
f0276498_16353446.jpg
f0276498_16382415.jpg
夜桜、夜景を観ながら鐘路3街へ戻ります。
f0276498_16402459.jpg
ホテル近くのローカルなスーパーでこの旅最後の買い物。

翌朝、3泊したイビスホテルをチェックアウト。
f0276498_16425002.jpg
行きと同じソウル駅からAREXで仁川空港へ。
f0276498_16442259.jpg
f0276498_16453500.jpg
真新しい仁川空港第2ターミナル。
f0276498_16470143.jpg
f0276498_16461997.jpg
空港内のレストランでピビンパを食べて・・
f0276498_16475547.jpg
KE795便 12:25発 札幌行きで帰国します。
f0276498_16485947.jpg
帰りは2時間半あまりで新千歳空港へ到着。
f0276498_16495073.jpg
千歳到着後、札幌へ。
f0276498_16504676.jpg
イビススタイルズ札幌でもう一泊。
f0276498_16521052.jpg
行きつけの居酒屋「海さくら 都通り店」へ
f0276498_16532893.jpg
海外から帰って来ると日本食・・良いですね!


by tkomcanter | 2019-04-25 16:54 | | Comments(0)
f0276498_23392720.jpg
翌日ソウル2日目です。
朝食はいつものごとく近くのパリバケでパンとコーヒーです。
f0276498_23423859.jpg
f0276498_23432845.jpg
ソウルは10回目になります。主な観光地はすでに訪れていますので・・ちょっとマニアックな所に行ってみましょう。
f0276498_23405794.jpg
「鐘路3街」駅から地下鉄で一度乗り換えて「二村」駅へ。
f0276498_23414476.jpg
出口を出ると「国立中央博物館」
f0276498_23441424.jpg
そしてその隣りにある「国立ハングル博物館」に行ってみました。
ちょっとハングル文字の生い立ちなど勉強してきました。
次は東大門へ。
f0276498_23451110.jpg
駅の近くカムジャタン通りと呼ばれる場所です。
f0276498_23454981.jpg
f0276498_23463956.jpg
冷麺とコッサム(肉を包むという意味)のお店で昼食。
f0276498_23472230.jpg
東大門にある「漢陽都城博物館」から見た東大門の市街地。
f0276498_23495221.jpg
ソウルは城郭都市です。東大門から丘に沿って城壁が残っており、遊歩道として整備されています。
なんか景色も良さそうなので隣りの恵化駅まで約2キロ、歩いてみましょう。
f0276498_23505829.jpg
ちょっとした山登り?ソウルの市街地が一望できます。
f0276498_00030297.jpg
駱山公園は桜の名所みたいです。ほぼ満開!
f0276498_00010476.jpg
f0276498_00044534.jpg
「梨花洞路上美術館」と呼ばれるエリア。
f0276498_00052513.jpg
f0276498_00060290.jpg
街中がアートな雰囲気。
f0276498_00064965.jpg
f0276498_00082573.jpg
お洒落なカフェで一休み。
f0276498_00092334.jpg
旧ソウル大学の学生街、恵化駅(大学路)まで降りて来ました。
f0276498_00102479.jpg
バスでホテルのある仁寺洞まで戻り、地下鉄で「弘大入口」駅へ。
f0276498_00110884.jpg
チーズタッカルビの有名なお店があるという事なので行ってみました。
f0276498_00120710.jpg
f0276498_00125928.jpg
まさにタッカルビとチーズのコラボ。
f0276498_00133484.jpg
締めはチャーハンに・・。これはかなりイケます。また食べに来ましょう。
f0276498_00142341.jpg
外はどしゃ降りの雨、駅まで濡れながら・・10分あまり。

その(3)へつづく


by tkomcanter | 2019-04-24 23:51 | | Comments(0)
f0276498_13033122.jpg
今月の初めにデルタ航空のスカイマイルを使って韓国・ソウルに行ってきました。平成2年に初めての海外旅行が韓国でした。そして平成最後の海外旅行も韓国という事になりました。平成の30年間で10回目の韓国です。
f0276498_13053481.jpg
前日は千歳のANAクラウンプラザホテルに宿泊。
タイ航空でスリランカへ行って以来
3年振りに新千歳からの出国となります。
f0276498_13102700.jpg
新千歳空港国際線ターミナルはアジア系の観光客で混雑しています。
前回利用時は確かガラガラだった気がしたのですが・・
f0276498_13082202.jpg
f0276498_13095139.jpg
札幌飛燕でラーメンを食べて・・
f0276498_13113056.jpg
チェックインそして出国します。
f0276498_13121708.jpg
時間に余裕があったので、カードラウンジでゆっくりします。
f0276498_13131400.jpg
大韓航空KE766便 14:15発 ソウル(仁川)行き
千歳からソウルまでは約3時間のフライトですが・・
f0276498_13141246.jpg
レガシーキャリアの国際線なので機内食も出てきます。
f0276498_13144831.jpg
仁川空港では昨年出来たばかりの第2ターミナルに到着。
f0276498_13154399.jpg
ソウル市内へは空港鉄道のAREXで約40分。
午後7時半には仁寺洞のイビスアンバサダーホテルにチェックイン出来ました。
f0276498_13165434.jpg
繁華街に近く、交通の便が良く、さらに宿泊代が安いので、最近ソウルで泊まる時はこのホテルにしています。
f0276498_13174214.jpg
(ホテルの部屋から益善洞と鐘路3街の街並みを望む)
f0276498_13183742.jpg
ホテルの向かいは益善洞という昔ながらの韓屋が建ち並ぶ地区で
最近おしゃれにリノベーションされ人気のエリアです。
f0276498_13192217.jpg
レトロな風情あるカルメギサル(豚のハラミ焼肉)のお店に入ってみました。
f0276498_13200769.jpg
地元の人達でいっぱいです。観光客は入りづらい雰囲気ですが・・
メニューも読めるし韓国語で注文もできるので大丈夫です。
f0276498_13205370.jpg
f0276498_13224872.jpg
炭火で焼く韓国スタイルの焼肉です。
f0276498_13232884.jpg
豚肉は安価で美味しいので、韓国人には人気があります。
f0276498_13243888.jpg
鐘路3街駅前の街並みです。
f0276498_13253817.jpg
ちょうど桜の花が満開でした。
f0276498_13261884.jpg
キムパ天国で冷麺とキムパを食べてホテルに戻ります。


by tkomcanter | 2019-04-23 13:27 | | Comments(0)
f0276498_23403339.jpg
先日、ちょっと時間があったので・・
「ピーチに乗って関西へ行く」予行練習をやって来ました。
中札内村を午前10時ちょうどに出発。
中札内ICから道東道(釧路方面)に入り終点の阿寒ICで降り釧路空港へ。午前11時50分に駐車場到着。
f0276498_23410748.jpg
ピーチの関西行き12時30発のチェックインにギリギリ間に合ったという感じです。
(実際に搭乗する際は家を午前9時に出発すれば大丈夫ですね!)
f0276498_23420848.jpg
釧路空港は昨年就航したピーチを含め1日14便が飛んでいます。
帯広空港は1日7便なので、かなり活気があるように思われます。
f0276498_23412901.jpg
ピーチ126便 12:30発 大阪/関西行き
定刻通りに出発して行きました。あ~乗りたかった!
f0276498_23424386.jpg
関西からの到着便に合わせて、到着ロビーには「帯広駅前行き」のバスが待機していました。
f0276498_23431532.jpg
お昼なので釧路ラーメンを食べて・・
f0276498_23434292.jpg
屋上の展望デッキで飛行機見学です。
f0276498_23445084.jpg
羽田からのANA機が着陸しました。
f0276498_23454720.jpg
その後すぐに千歳からのANAウィングも到着。
f0276498_23464842.jpg
ボンバルディア DHC8-Q400とボーイング737-800が並びました。
帯広空港では見られない光景です。
f0276498_23483485.jpg
空港の片隅にこんな車が・・「くしろよろしく」
右から読んでも左から読んでも”くしろよろしく”
f0276498_23475513.jpg
羽田から到着のJAL機がやって来ました。
f0276498_23492021.jpg
見送りの横断幕にも何と「くしろよろしく」
f0276498_23495991.jpg
f0276498_23502154.jpg
無事離陸していきます。
最後はHACのサーブ340B
f0276498_23513355.jpg
かわいい36人乗りのプロペラ機。
f0276498_23523425.jpg
ローカル感がたまりませんね!今度乗ってみたいものです。
これと言った用事もないのに4時間余り空港にいましたが、まったく退屈しませんでした。
f0276498_23530440.jpg
せっかく釧路に来たので・・
f0276498_23533335.jpg
回転寿司まつりやの春採店へ
f0276498_23541114.jpg
そして山花温泉リフレに寄って十勝に戻りました。





by tkomcanter | 2019-04-05 23:55 | | Comments(0)
f0276498_17210783.jpg
北京の後半3泊はシャングリラホテルに滞在。
f0276498_17220971.jpg
少しお高いのですが・・いち度はホテルで夕食を!
f0276498_17234627.jpg
f0276498_17250052.jpg
「香宮」という中華料理店。
f0276498_17262476.jpg
さすが、ひとつひとつの料理はどれも上品な味。
料金に見合った値打ちがあります。

さて北京最終日です。
中国の大都市には必ずあります・・
今回も茶葉市場に行ってみましょう。
f0276498_17274025.jpg
「北京馬連道茶城」
北京西駅の近くにある茶葉のデパート。
f0276498_17283798.jpg
f0276498_17294277.jpg
すべてのフロアにお茶関連のお店がひしめき合っています。
f0276498_17303164.jpg
f0276498_17313275.jpg
試飲してから買うのが基本です。
今回は菊花茶、プーアル茶、鉄観音茶などを購入。

午後からは風情のある湖畔の街並み「什刹海」を訪れます。
f0276498_17321604.jpg
鐘楼や鼓楼も現存し、北京の古い街並みも残る地区。
f0276498_17342420.jpg
このような街並みを保存し活用しているのは良い事です。
f0276498_17355280.jpg
この辺り、夜は音楽バーになるみたいです。
成都の川沿いにもこんな場所ありましたね。
f0276498_17362683.jpg
カフェ、食堂、雑貨店などが並ぶ通り。
f0276498_17371912.jpg
北京の街はどこも洗練されていて、治安良く、歩いていても安心感があり、楽しいです。
もしかして東京よりも暮らしやすいかもしれないですね!
20年振りに首都北京を訪れてみて、中国の印象がガラッと変わってしまいました。
f0276498_17380201.jpg
最終日の夕食は、ハンバーガー?
シャングリラホテルに泊まるといつもルームサービスで注文しますが、甘く見ていると・・これがなかなかイケるのです!
f0276498_17410432.jpg
f0276498_17383546.jpg
シャングリラに良く泊まっているので、ホテルの女士がデザートを持ってきてくれました。

名残り惜しいですが・・翌早朝にタクシーでホテルを出発します。
f0276498_17422647.jpg
北京首都空港 第3ターミナル。
とても巨大な空港でこのターミナルだけで羽田空港全体に匹敵します。
f0276498_17430917.jpg
ターミナル内の移動にはシャトルトレイン。
f0276498_17451099.jpg
チェックインと出国を済ませ、ラウンジで朝食。
f0276498_17454751.jpg
JL020便 8時15分発 東京/羽田行き
帰りは少し飛行時間が短く、3時間弱で羽田に到着。
f0276498_17464120.jpg
羽田空港第1ターミナル18番ゲート。
いつもの定番JAL579便 17:40発 帯広行きで帰ります。





by tkomcanter | 2019-03-27 17:58 | | Comments(0)
f0276498_09524032.jpg
せっかくだから「京劇」が観たいと思い・・
f0276498_09541319.jpg
前門建国飯店1階にある「梨園劇場」を訪れ、午後7時半からの公演のチケットを購入。
f0276498_09554896.jpg
開園まで2時間余りあったので、近くの「八大胡同」と呼ばれる昔の色街に行ってみました。
f0276498_09564074.jpg
下町風情たっぷりな街並みですが・・
かつては江戸で言う吉原のような場所だったようです。
f0276498_09574596.jpg
百順胡同にあるかつての遊郭「49号旧茶室」
現在は一般の住居として使われているみたいですね。
f0276498_09584559.jpg
f0276498_10001144.jpg
韓家胡同の街並みと旧遊郭「慶元春」
f0276498_10010915.jpg
胡同の細い路地。どうやらこの辺りに当時の京劇の役者たちが住んでいたという案内板があります。
f0276498_10020776.jpg
昔の北京下町の雰囲気が良く残っています。
近年の再開発の波からよく逃れたものですね。
f0276498_10032654.jpg
この地区は異常に公衆トイレが多い?100m置きにあります。
多分この地域のお宅にはトイレが無いのでしょうね!
f0276498_10042163.jpg
入ってみると・・お~仕切りがない、ニーハオトイレだ!
久しぶりに遭遇しました。
f0276498_10063692.jpg
観劇の前に軽く食事。
f0276498_10072187.jpg
好愛嘉食庁というチェーン店?で刀削麺。
f0276498_10054351.jpg
公演の題目は「秋江」「天女散花」「邑家庄」
f0276498_10083361.jpg
3部構成で約1時間、昨年、成都で観た川劇と似ていて、日本の歌舞伎とも通じるところがありますね。なかなか興味深い舞台でした。
f0276498_10123030.jpg
こちらは北京一の繁華街・王府井です。
f0276498_10142024.jpg
老舗っぽいお茶屋さんがあったので入ってみました。
f0276498_10171743.jpg
2階が高級喫茶室になっています。
f0276498_10155114.jpg
菊花茶、80元(日本円で約1300円)
中国の物価からすると、かなりお高いですね!
f0276498_10183810.jpg
「王府井小吃街」
屋台街、夜市のような場所です。
ここでとんでもないものを発見!
f0276498_10195482.jpg
串に刺さって生きています~!サ・ソ・リ~!
f0276498_10213277.jpg
このまま油で揚げて食べるのです。ひと串25元(約400円)
f0276498_10225699.jpg
王府井は中国とは思えないほど?洗練された街になっていました。






by tkomcanter | 2019-03-24 10:24 | | Comments(0)
f0276498_16584562.jpg
北京に来たなら、やっぱり行かなければならないですね。
一概に「万里の長城」といっても、もちろん長いので観光できる場所は数多くあります。その中で最もメジャーなのが「八達嶺」です。
北京市内から約60キロ、車で1時間ほどの場所です。
f0276498_17005626.jpg
徳勝門バスターミナルから八達嶺への直通バスが頻発しているという事なので、早朝に行ってみました。
f0276498_17021644.jpg
77八達嶺直通のバス乗り場には100人以上の行列が出来ていましたが、バスが満席になって出発するとすぐに次のバスがやって来るので10分も待たずに乗り込めました。
f0276498_17030451.jpg
3分おきに出発していく感じ・・すごい輸送力!
f0276498_17033150.jpg
そして運賃は北京交通カードで支払うと6元、日本円で何と100円あまり・・やすっ!
f0276498_17041673.jpg
高速道路を1時間ほど走ったところで、車窓からは長城の一部が見えて来ました。
f0276498_17045251.jpg
f0276498_17053453.jpg
難なく万里の長城・八達嶺入口に到着です。
f0276498_17062504.jpg
入場口周辺には屋台、飲食店がズラリと並んでいて、食べるものには事欠きません。
f0276498_17070693.jpg
朝食はこれにしましょう。
「肉来膜」中華バーガーとでも言った感じ。
f0276498_17075488.jpg
さっそく入場券35元(日本円で約550円)を買って、セキュリティーチェックを受け・・登城開始。
f0276498_17090168.jpg
今度は城壁に登るための入場ゲートです。
f0276498_17094958.jpg
ちょうど3月はシーズンオフのようで、これでもかなり空いているらしいです。
f0276498_17104176.jpg
城壁を登って左方向に進むと「男坂」
f0276498_17113271.jpg
右方向が「女坂」と呼ばれています。
見た目ではあまり分からないのですが、男坂の方が傾斜が厳しいということなので、右方向の女坂を行きます。
f0276498_17120319.jpg
徐々に昇りが急に来ました。
f0276498_17134756.jpg
とりあえず第4楼(一番上の楼閣)まで頑張ります。
f0276498_17150304.jpg
後ろを振り返ると・・こんな感じ。
f0276498_17155904.jpg
f0276498_17185632.jpg
入場ゲートからは30分ほどで第4楼まで登って来ましたが、この先も延々と長城は続いています。さすが雄大ですね~万里の長城。
f0276498_17164852.jpg
長城を降りて来ると昼過ぎ・・
f0276498_17200105.jpg
お腹が空いたので、バス乗り場近くのフードコートで昼食。
f0276498_17173710.jpg
f0276498_17204246.jpg
焼いているのが美味しそうだったので「炒面」(焼きそば)。
f0276498_17213870.jpg
そして、羊串を6串10元(日本円で約160円)。





by tkomcanter | 2019-03-21 17:24 | | Comments(0)
f0276498_23481929.jpg
北京3日目です。今回の宿泊はコンラッド北京2泊とシャングリラ北京3泊の5泊6日の予定で訪れています。
f0276498_23491953.jpg
コンラッド北京の朝食レストラン、図書館をイメージしたセンスの良い造りです。
朝食の後、チェックアウトしてタクシーを使ってホテルの移動。
f0276498_23500246.jpg
「シャングリラ北京」
午前10時半と早い時間でしたが、部屋に案内してくれました。
ホテルは動物園の近くなので、さっそく訪れてみます。
f0276498_23511224.jpg
このレトロなチケット売り場で入園券(大熊猫館込み14元)を購入。
f0276498_23530396.jpg
「北京動物園」
前身の農業試験場から数え100年以上の歴史があります。
f0276498_23534422.jpg
中国で最大級の広さということなので、とりあえずパンダ館のみにしてみましょう。
f0276498_23574431.jpg
f0276498_23542294.jpg
さすが本場中国、20頭近いパンダが在籍中。
f0276498_23564318.jpg
思い思いに過ごしていますが・・
f0276498_23585818.jpg
ちょっと~これは!
あまりにみっともないお姿!
f0276498_00004774.jpg
こちらは昔ながらのレトロな熊猫商店。
f0276498_23594776.jpg
そして、新館のパンダショップ。もちろんどちらのパンダ館にもパンダグッズがいっぱい!
f0276498_00014684.jpg
北京動物園の衣装をまとったこの子を購入!
f0276498_00055425.jpg
園内にある歴史的な建物
27年前?学生時代に北京を訪れた際、ここでパンダを見てだけなのに中国の公安に連行されてしまいました。
確かこの場所でパスポートをチェックして渋々釈放されたような記憶があります。
なぜあの時連行されたのか未だに謎です。
f0276498_00064416.jpg
動物園前には地下鉄の駅があります。
駅地下のショッピングモール。
北京地下鉄4号線「動物園」から6号線「南鑼鼓巷」まで移動。
f0276498_00132667.jpg
駅前は南鑼鼓巷(ナンロウグゥシャン)という北京の古い街並みになっています。
f0276498_00143916.jpg
北京の伝統的建物・四合院造りをリノベーションしたカフェや雑貨店が並び、若者に人気のスポットとなっているようです。
f0276498_00153853.jpg
f0276498_00161745.jpg
最近は中国全土でこのような街並みの観光地が増えていますね!
f0276498_00180323.jpg
f0276498_00171619.jpg
古き良き北京の風情。
f0276498_00185084.jpg
f0276498_00193381.jpg
昼食はこの街のなかでジャージャー麵をいただきました。
f0276498_00201674.jpg
そして、お洒落なカフェを見つけたので・・
f0276498_00205611.jpg
欧米風のティータイム。
f0276498_00240361.jpg
「南鑼鼓巷」・・昔の北京と今の北京を同時に体験できる素敵な街並み散歩でした。






by tkomcanter | 2019-03-20 00:25 | | Comments(0)
f0276498_16495734.jpg
北京に来たならまずは天安門と故宮博物院ですね。
セキュリティチェックを受けた後、天安門をくぐって故宮博物院の入場口へ向かいますが・・
f0276498_16515575.jpg
とにかく広いですね~!やっと入場口のある午門が見えてきました。
故宮に入ると、さらに広い!
f0276498_16530511.jpg
ここは外朝と呼ばれるエリアで、この先の彼方に内廷があります。
f0276498_16522591.jpg
「太和門」この雰囲気どこかで見たことあるな~。沖縄・首里城?
f0276498_16542953.jpg
巨大な建物も見事ですが・・
f0276498_16533112.jpg
f0276498_16535696.jpg
細部の彫刻、調度品なども見ごたえがあります。
f0276498_16544974.jpg
中国らしい素敵な装飾品。家にもひとつ欲しいですね。
3分の1ほど見学したところで、疲れてしまいました。
f0276498_16591188.jpg
故宮の中、良い所に洒落たカフェがあったので・・
f0276498_17000348.jpg
お茶とチキンバーガーをいただきました。

故宮の閉園時間は午後4時、このままだと残り3分の2を周り切れないので、ちょっと早足で・・
f0276498_16555915.jpg
「九龍壁」中国3大九龍壁のひとつ
f0276498_16564521.jpg
「暢音閣」京劇用の舞台
f0276498_16582755.jpg
「交泰殿」内廷にある宮殿
宮殿内には美術品、工芸品も多く展示されていますが・・
国宝級の品は現在、台北の故宮博物院にあります。
f0276498_17004552.jpg
帰りは北口から退場。
f0276498_17013816.jpg
なかなか見応えある施設です。じっくり見学するなら丸1日は必要でしたね!
f0276498_17021488.jpg
北口広場前はちょっとしたバスターミナルになっています。
ここから観光2線というレトロバスに乗って北京の下町・前門へ向かいます。
f0276498_17023613.jpg
f0276498_17025940.jpg
途中、北京一の繁華街王府井と天安門広場を経由する観光ルートです。
f0276498_17040251.jpg
f0276498_17071346.jpg
「大柵欄」老舗が集まる歴史的な町並み
f0276498_17044756.jpg
f0276498_17081286.jpg
「前門大街」前門のメインストリート
昔、訪れた時はごちゃごちゃだった気がするのですが・・
再開発でお洒落な街並みになりましたね。
f0276498_17062666.jpg
f0276498_17091159.jpg
この通りにある超老舗北京ダックのお店「全聚徳」
創業は1864年、現在は東京にも支店があるみたいです。
ちょっとお高いのですが・・せっかくなので入ってみました。
f0276498_17102562.jpg
シェフが目の前で切り分けてくれます。
f0276498_17105812.jpg
血統書付きのダックは一羽、220元(日本円で5千円弱)
f0276498_17113974.jpg
ダックの皮の脂身と薄荷餅、ネギ、甘いタレの見事なハーモニー。
北京ダックのみでお腹いっぱいに・・
何て贅沢な事でしょう!

vol.3へつづく



by tkomcanter | 2019-03-16 17:14 | | Comments(0)