十勝平野のど真ん中、中札内村にある「エゾリス君の宿 カンタベリー」から森の中の出来事、エゾリス、野鳥、周辺の観光スポット、宿の事などを紹介します。


by tkomcanter

カテゴリ:十勝( 39 )

f0276498_23023695.jpg
みぞれ交じりの雪が降る中・・
お客さんと北十勝方面に出かけてみました。
中札内ICから高速道路を走り音更帯広ICへ
国道241号を北上します。
f0276498_23040302.jpg
看板犬がお出迎え・・士幌町、畑の中ににあるレストラン
「カフェ&ランチいちい」さんで昼食にします。
f0276498_23044670.jpg
生姜焼き定食1000円
見た目以上にボリュームがあります。豚丼鶴橋風の黒いたれ。
なかなか美味しかったですよ!
その後、上士幌市街、ぬかびら源泉郷を通り過ぎ・・
f0276498_23052829.jpg
山道を上った所にある秘湯「幌加温泉 鹿の谷」へ
f0276498_23060525.jpg
日帰り入浴です。
内湯にはアルカリ泉、鉄鉱泉、カルシウム泉の3つの違ったお湯と渓谷沿いの露天風呂があります。
こちらの泉質は十勝でも1、2位を争うものですね!
f0276498_23065462.jpg
帰り道、新しくなった「道の駅ピア21しほろ」に立ち寄りました。

宿に戻って来るのが、ちょっと遅くなったので・・
f0276498_23073618.jpg
f0276498_23082723.jpg
夕食はさらべつチーズ工房「TUKA」さんのピザで・・


by tkomcanter | 2018-04-02 23:09 | 十勝 | Comments(0)
f0276498_12145376.jpg
今朝は早起きして・・
豊頃町大津のジュエリーアイスを見に行ってきました。
カンタベリーからは車で1時間ちょっとです。
f0276498_12152838.jpg
売店も出来ていて、駐車場の雰囲気も昨年とはまったく様変わりしてしまいました。早朝6時にもかかわらず、30台以上の車が停まっています。
f0276498_12162085.jpg
橋を渡って海岸線へ
f0276498_12171079.jpg
ざっと見ただけで50人以上のギャラリー。
今年は完全にフィーバーしていますね!
f0276498_12175811.jpg
朝日が昇って来ました。
f0276498_12184766.jpg
毛嵐の上がる波打ち際には、小さな氷が打ち上げられています。
f0276498_12203754.jpg

f0276498_12221700.jpg
砂浜のところどころに宝石が散りばめられています。
f0276498_12242598.jpg
朝日に照らされると・・美しい色合いで輝きます。

f0276498_12251172.jpg
帰り際に立ち寄った豊頃名物「はるにれの木」
f0276498_12260050.jpg
車の外気温計はマイナス18℃
後ろの十勝川からは毛嵐が上がり・・
f0276498_12265203.jpg
はるにれの木にも霧氷が着いていました。





by tkomcanter | 2018-02-08 12:28 | 十勝 | Comments(0)
f0276498_22120460.jpg
 私が住んでいる北海道十勝地方は厳冬期(1月~2月)にはマイナス30℃近くまで冷え込むことがあります。本州にお住まいの方にとっては想像もできない気温でしょうね。10年以上、この地で暮らしていると気温の感覚が麻痺してくるようで、気温がマイナス3℃くらいの日に「今日は暖かいですね」と言うような、おかしな日本語が飛び出してしまいます。極度に冷え込むのは天気が良いという事、南北に壁のように連なる日高山脈が日本海からの雪雲をブロック、冬の十勝は全国トップクラスの晴天率を誇ります。この厳しい寒さと晴天が他の地方では見られない幻想的な風景を創り出します。
f0276498_22132320.jpg
全国から写真家が集まる「更別村霧氷スポット」マイナス20℃近くまで冷え込んだ、晴天、無風の朝、水蒸気が木の枝で凍りつき、幻想的なオブジェとなります。
f0276498_22142298.jpg
日が昇るにつれ、霧氷はハラハラと散ってしまいますので、日の出前後の数時間が撮影のチャンスです。
f0276498_22152756.jpg
最近人気の撮影スポットは「ジュエリーアイス」十勝川河口で出来た氷は太平洋の荒波で磨かれ、宝石のような輝きを放ちながら、砂浜へ打ち上げられます。
f0276498_22162130.jpg
朝焼け夕焼けの時には太陽の光を浴び幻想的な色合いで輝くのです。こちらも1月から2月の厳冬期しか見る事のできない光景です。
f0276498_22175408.jpg
冬の晴天は日高山脈に迫力を与えます。澄み切った空の中、雪原になった広大な畑の背後には日高の山並みが迫ってくるようです。
f0276498_22170725.jpg
宿泊のお客さんには日高山脈の撮影スポットを案内しています。
f0276498_22191367.jpg
冬は動物たちの撮影にも最適です。音更町にある十勝牧場では馬たちに、冬の運動不足解消のため雪の馬場を走らせる「馬追い」が行われます。
f0276498_22200317.jpg
厳冬期の1月~2月限定で牧場を一般に開放してくれています。
f0276498_22211424.jpg
冬にはこの時期にしか見ることができない野鳥がやって来たり、わが宿のアイドル「エゾリス」も、もちろん冬毛で、モコモコして愛くるしく、さらに周囲の木々に葉っぱがないので見つけやすいのです。
f0276498_22221461.jpg
そんな事もあり、野鳥やエゾリスがお目当ての写真家の方はこの時期を目指してやって来ます。
 とにかく「冬の北海道・写真撮影の旅」はおススメなのですが・・夏に宿泊されるお客さんに「冬もいいですから、一度お越しください」と勧めると、半数くらいの方に「マイナス20℃にもなる場所に行けないわ」と言われてしまいます。確かに朝晩の室外は“寒い”を通り越して“痛い”という感覚なのですが、室内は本州の家よりも断然暖かいです。外に出る時、しっかりとした防寒対策をしさえすればまったく問題ありません。冬の北海道の写真撮影、人間はこれで大丈夫なのですが、よく忘れがちなのは、カメラの防寒対策。ほとんどのカメラはマイナス20℃以下の環境には対応していません。バッテリーが急に低下したり、機器が作動しなくなる事が多々ありますので、カイロなどを使って冷やさない工夫をすることが大切です。また室外と室内の気温差が50℃近くになる事もあるため、レンズ内に結露ができないよう注意することも必要です。来てみて良かったと思う事、間違いなしです。ぜひ冬の北海道でこの時期、この場所でしか見る事の出来ない幻想的な光景を撮影してみませんか?
          エゾリス君の宿カンタベリー 小松高広

昨年7月に発売の「全国安い宿情報2017~18年版」¥550
f0276498_22233046.jpg
上記はこちらに投稿した記事の一部です。
ちょうど冬の写真撮影にぴったりのシーズンがやって来たので・・
公開します。




by tkomcanter | 2018-02-01 22:24 | 十勝 | Comments(0)
f0276498_20584951.jpg
先週あたりから十勝はもっとも寒い時期を迎えています。
ここ数日は最低気温がマイナス20℃越える日が多く、その代わりに本州では見られない幻想的の風景が現れます。
f0276498_20593315.jpg
今朝もさらべつ霧氷ツアーを実施、日の出前の現地に到着すると・・
f0276498_21011816.jpg
すでに写真家のみなさんがスタンバイ。
普段は着かない高い木のてっぺんまで霧氷になっています。
f0276498_21001388.jpg
気温はマイナス25℃、快晴、無風。
霧氷条件3拍子そろっていますね!
f0276498_21020651.jpg
霧氷の木々の後ろから日が昇ってきました。
f0276498_21031310.jpg
今朝の霧氷は出来栄えが良いですね!
f0276498_21040766.jpg
広範囲で霧氷が見られます。
f0276498_21045664.jpg
日高山脈の連なりも一望できます。
f0276498_21060437.jpg
太陽が昇ってきました。
f0276498_21065234.jpg
霧氷の木々に光があたっていくこの瞬間も見逃せませんね!
f0276498_21073515.jpg
f0276498_21082539.jpg
毛嵐を上げる川のそばまで移動。
f0276498_21101777.jpg
f0276498_21111887.jpg
太陽の光を浴びて、風景が刻々と変化していきます。
f0276498_21091943.jpg
f0276498_21132712.jpg
この風景を見みれるのなら・・
マイナス25℃の冷え込みも悪くないかも?



by tkomcanter | 2018-01-28 21:14 | 十勝 | Comments(0)
f0276498_12553922.jpg
一昨日、東京に大雪をもたらした低気圧の影響で
昨日は朝から十勝地方も雪・・
f0276498_12570709.jpg
一日中降り続きました。
f0276498_12581832.jpg
今朝、雪はあがり・・晴れ間も見えています。
f0276498_12592775.jpg
積雪量は東京都心とほぼ同じ20センチほど
f0276498_13112589.jpg
さすがに、こちらではパニックになるほどではありません。
でも・・雪かきは大変!
カフェまでの通路と駐車スペースを合わせると、それなりの面積があります。本来なら除雪機でというところですが・・
冬場の運動不足解消のため、手作業で除雪!
f0276498_13121360.jpg
約1時間かけてエゾリス君の散歩道(カフェへの通路)と
f0276498_13131240.jpg
駐車スペースを確保。
f0276498_13141522.jpg
こんなに寒いのに・・朝からひと汗かきました!



by tkomcanter | 2018-01-24 13:14 | 十勝 | Comments(0)
f0276498_23492168.jpg
毎年、お正月恒例のばんえい競馬観戦ツアーです。
f0276498_23505865.jpg
今日は重賞レースの「帯広記念」開催日なので・・人出が多いです。
f0276498_23520143.jpg
気温は1度、この時期にしてはあたたかいですね!
小雪の降る中、レース開催。
f0276498_23531398.jpg
午後4時10分・・イルミネーションも点灯し帯広記念発走。
f0276498_23541490.jpg
昨年、一昨年と勝ち越していたのですが・・
残念ながら今年の運試しは大きく外してしまいました。


by tkomcanter | 2018-01-02 23:55 | 十勝 | Comments(0)
f0276498_21342959.jpg

f0276498_21364709.jpg
帯広空港滑走路の北側・・午後4時過ぎ。
ブライトリングDC-3ワールドツアー外部リンク
日本での最終寄港地はここ帯広空港です。
DC-3は仙台空港を2時30分に離陸、おそらく4時半ころに帯広空港に着陸するだろうと思い・・張り込み!
f0276498_21372109.jpg
待つ事、約1時間、独特な機影が姿を現しました。
f0276498_21382675.jpg
大きく旋回して、着陸態勢に入ります。
f0276498_21385357.jpg
f0276498_21400112.jpg
f0276498_21403366.jpg
f0276498_21411178.jpg
快晴の十勝の風景に吸い込まれるように着陸!
f0276498_21414685.jpg
日本国内でDC-3の雄姿が見られるのは帯広空港が最後。
点検・給油の後、明日にはカムチャッカ半島・アリューシャン列島方面へ旅立ってしまいます。


by tkomcanter | 2017-06-05 21:44 | 十勝 | Comments(0)
f0276498_23570981.jpg
3月に入ってからは、天候が安定し・・
十勝は春を思わせる陽気がつづきます。
宿泊のお客さんと一緒に糠平方面に出かけました。
f0276498_23574254.jpg
旧士幌線の終着駅「十勝三股」
カンタベリーから真北へ車で約二時間
f0276498_23585302.jpg
ログハウスのカフェレストラン・三股山荘です。
f0276498_23591951.jpg
三股地区は大雪山系を近くに望み、原生林に覆われた素晴らしいロケーションです。層雲峡方面に向かう時の立ち寄りスポットとしておススメです。
f0276498_23594240.jpg
店内にも・・
f0276498_00001696.jpg
料理にも・・そしてオーナーさんにも癒されますよ。
f0276498_00005902.jpg
三股から廃線跡を見ながら戻っていきます。
f0276498_00012510.jpg
駐車場からタウシュベツ展望台へ300mほどの道のり。
途中、士幌線の線路跡を線路を渡ります。
f0276498_00023137.jpg
展望台まで来ると・・正面にタウシュベツ川橋梁がはっきりと見えました。
f0276498_00025584.jpg
ダムができる以前に使われていた士幌線の橋梁跡です。
ほとんどの期間は糠平湖に水没してしまっています。
f0276498_00033632.jpg
冬期から4月にかけてが観れるチャンスです。
f0276498_00040597.jpg
国道から1キロほど山に入ったところにある秘湯・幌加温泉。
4種類の源泉に露天風呂・・秘湯マニアにはたまりませんね!
f0276498_00043273.jpg
帰り道、ぬかびら源泉郷で歩道に鹿・・
街並みに同化していたので、オブジェかと思ってしまいました。



by tkomcanter | 2017-03-13 23:56 | 十勝 | Comments(0)
f0276498_20553315.jpg
今朝、宿泊のお客さんと一緒に・・
十勝牧場・馬追い運動の見学に行ってきました。
f0276498_20580148.jpg
カンタベリーから中札内IC-音更帯広IC間利用で約1時間
広大な敷地の十勝牧場です。
f0276498_20565483.jpg
冬期、馬の運動不足を解消するため、1周800メートルの馬場を
走らせます。
1/10~2月末まで、9時半スタート約1時間です。
(天候・馬場状況により中止になる日もあります。)
f0276498_20563123.jpg
20頭ほどが1群となって、馬場を約3周します。
f0276498_20571306.jpg
そして、見学場所に向かってくる時は迫力がありますね!
f0276498_20551096.jpg
3周を走り終えると・・厩舎へと帰っていきます。
f0276498_20544983.jpg
このセッションが今日は4回・・
冬の牧場の風物詩に触れる事ができました。

f0276498_20582909.jpg
十勝牧場の入口にある「白樺並木」です。
今日もテレビの撮影が行われていました。
f0276498_20585905.jpg
映画やドラマのロケでもよく使われていますよね!


by tkomcanter | 2017-02-15 23:06 | 十勝 | Comments(0)
f0276498_16502025.jpg
 ここ数年、話題になっている「ジュエリーアイス」を
見に行ってきました!
 カンタベリーから車で約1時間、豊頃町大津です。
f0276498_16505423.jpg
大津の町は十勝で一番最初に栄えた港町です。
現在は郷愁をそそる静かな港町。
「十勝でノスタルジックな雰囲気の街は?」とお客さんに聞かれて・・
7年前のブログの記事です。この時期にもジュエリーアイスは
あったのでしょうが、注目されていなったのです。
f0276498_16511777.jpg
海岸の入り口にはこんな看板が・・
f0276498_16520439.jpg
この橋を渡って海岸に出ます。
f0276498_16522376.jpg
後ろは大津の集落、そして目の前は太平洋。
f0276498_16525417.jpg
地吹雪の間に所どころ輝きが・・ジュエリーアイスです。
f0276498_16532444.jpg
海岸線(砂浜)に出て東方向(十勝川河口方面)に歩きます。
f0276498_16534915.jpg
時々、こんなジュエリーアイスが打ち上げられています。
f0276498_16542153.jpg
時間がたったアイスは雪で覆われたり・・
f0276498_16543827.jpg
オブジェのようになっているものも・・
f0276498_17000068.jpg
ジュエリーアイス オン ジュエリーアイス
砂浜を10分ほど歩くと十勝川の河口です。
f0276498_17003232.jpg
このあたりがジュエリーアイス密集地かな?
f0276498_17010673.jpg
幾重にもアイスが重なりあっています。

by tkomcanter | 2017-02-02 17:08 | 十勝 | Comments(0)