十勝平野のど真ん中、中札内村にある「エゾリス君の宿 カンタベリー」から森の中の出来事、エゾリス、野鳥、周辺の観光スポット、宿の事などを紹介します。


by tkomcanter

2015光輝く島セイロン(スリランカ)vol.10~紅茶畑広がる英国風の避暑地~

f0276498_08230510.jpg
この日は一日、ゆったりとヌワラエリヤ周辺を巡ります。
f0276498_08242733.jpg
ホテルの朝食・パンと紅茶に
f0276498_08250079.jpg
もちろんカレー
ヌワラエリヤは紅茶王国スリランカの中でも有名な産地です。
郊外には見学可能なティーファクトリーが何か所かあり・・
今回は「MACKWOODS」に行ってみることにしました。
f0276498_08252966.jpg
例のごとく、スリーウィーラーをチャーター
f0276498_08261751.jpg
ヌワラエリヤの市街地を抜け、谷あいに茶畑を眺めながら
走ること約30分。
f0276498_08265776.jpg
ティーファクトリーが見えてきました。
f0276498_08281493.jpg
セイロンティーの有名ブランド「MACKWOODS」
お姉さんの案内付で工場見学・・
f0276498_08284636.jpg
そして、もちろんティーラウンジもあります。
f0276498_08291328.jpg
紅茶とケーキのセットは紅茶畑を見ながらいただきます。
f0276498_08294405.jpg
ショップで紅茶のお土産を買った後は・・
「バッガラ植物園」へ
f0276498_08310870.jpg
高原の気候に合った植物・樹木・草花を集めた植物園。
f0276498_08313844.jpg
一日ゆっくり過ごせそうな広さです。
一度宿に帰って、今度は徒歩でヌワラエリヤ市街まで散歩。
f0276498_08340590.jpg
グレゴリー湖(この時期はほとんど水がありません)を見下ろす高台にある宿。
f0276498_08344256.jpg
f0276498_08363225.jpg
宿から細い道を下りきった所から市街地が始まります。
f0276498_08374901.jpg
競馬場の跡地らしい場所に馬がいます。
f0276498_08393190.jpg
イギリス植民地時代のポストオフィス
所どころに英国植民地時代の面影が残ります。
f0276498_08395593.jpg
繁華街はスリランカっぽい?
f0276498_08401847.jpg
やってるかどうかわからないショッピングセンター
f0276498_08404494.jpg
バナナだらけの市場。

vol.11へつづく

2015光輝く島セイロン(スリランカ)vol.1~千歳からタイ航空で南の島へ~
2015光輝く島セイロン(スリランカ)vol.2~最古の仏教都市アヌラーダプラ~
2015光輝く島セイロン(スリランカ)vol.3~千年前の古都・ポロンナルワ~
2015光輝く島セイロン(スリランカ)vol.4~天空の都市シーギリア・ロック~
2015光輝く島セイロン(スリランカ)vol.5~世界遺産の石窟寺院ダンブッラ~
2015光輝く島セイロン(スリランカ)vol.6~シンハラ王朝の古都キャンディ~
2015光輝く島セイロン(スリランカ)vol.7~ビンナラワ・ゾウの孤児園~
2015光輝く島セイロン(スリランカ)vol.8~キャンディ王朝の象徴・仏歯寺~
2015光輝く島セイロン(スリランカ)vol.9~高原列車でヌワラ・エリヤへ~
2015光輝く島セイロン(スリランカ)vol.11~コロニアルな港町・コロンボ~
2015光輝く島セイロン(スリランカ)vol.12~旅の最終地点が”ゴール”~
2015光輝く島セイロン(スリランカ)vol.13~建築家ジェフリー・バワの作品~
2015光輝く島セイロン(スリランカ)vol.14~スリランカからバンコクへ~
2015光輝く島セイロン(スリランカ)vol.15~14年振りのバンコクを歩く~
2015光輝く島セイロン(スリランカ)vol.16最終回~カレーと紅茶と動物たち~


エゾリス君の宿カンタベリーのホームページ(新しい宿のサイトです)へ
2007年から公開している「カンタベリーの旧ホームページ」へ
マイとかちブログ「十勝・中札内村 森の中より」へ
エゾリス・カンタの日記~十勝・中札内村 森の住人たち~(Yahooブログ)へ


にほんブログ村
にほんブログ村 小動物ブログ リスへ
にほんブログ村





by tkomcanter | 2015-12-28 08:35 | | Comments(0)