十勝平野のど真ん中、中札内村にある「エゾリス君の宿 カンタベリー」から森の中の出来事、エゾリス、野鳥、周辺の観光スポット、宿の事などを紹介します。


by tkomcanter

2014新年の旅18「松前-江差-函館」その1~今年は松前町役場で集合~

f0276498_22504837.jpg

毎年、この時期に神奈川県在住の友人・太郎と
日本全国、行ったことのない街の市役所(町村役場)で
待ち合わせ・・旅をする「新年の旅」が恒例になっています。
新年の旅についての”いきさつ”などは
新年の旅について・・4年前の「新年の旅ブログ」
新年の旅(街歩き)「七戸・青森・津軽編」その1~今年で14年目~へ
または・・
なまら蝦夷8号「宿主エッセイ」で紹介しています。

平成9年に天竜市役所(現・浜松市天竜区)で待ち合わせた
旅以来18回目(18年目)となります。
今年の集合日時と場所は・・
1月5日(日)12時 北海道・松前町役場。

中札内村を前日に車で出発、深夜、函館に到着し
駅前のホテルで宿泊。
f0276498_22505417.jpg

翌朝、函館駅から木古内まで特急「白鳥」に乗ります。
約40分で木古内駅に・・
f0276498_2252276.jpg

そして、松前まで向う9時発のバスに乗り換えます。
集合時間に間に合うバスはこれ一本です・・
公共交通に選択の余地がないので、予想はしていましたが・・
集合前にここで・・太郎と会ってしまいました。
でも、とりあえず「松前町役場」まで行ってみます。
f0276498_2253474.jpg

函館バスの木古内ー松前間は約1時間40分
途中、知内町・福島町を経由し津軽海峡に面した
海岸線を通っていきます。
f0276498_22543881.jpg

本州(津軽半島)を望む町の中心のバス停・松城で下車。
ここから、町役場を目指します。
f0276498_22554144.jpg

10分ほど歩いて・・集合場所の松前町役場に到着。
レトロな雰囲気を残した役場庁舎です。
それでは・・18回目新年の旅、ここからスタートです。
f0276498_22562232.jpg

まずは城下町・松前のシンボル福島城に・・
石垣や城門など本州の城下町を思わせます。
f0276498_22565218.jpg

北海道にいることを忘れてしまいそうです。
城跡の公園からは城下の街並越しに津軽海峡と本州が見えます。
f0276498_22572537.jpg

松前藩の人々そして松前町の住民も毎日本州を見ながら
暮らしてきたのですね。
f0276498_22575686.jpg

津軽半島はすぐ目の前、下北半島もその奥に見えます。

松前の町は不思議な感覚のする場所です
東北や北陸の城下町の雰囲気もあるけど・・
目の前に本州が見えて・・
どこにいるのか分からなくなる不思議な空間
f0276498_22584656.jpg

街並みは昔の城下町の風情を残す瓦屋根で統一されています。
f0276498_22592185.jpg

セイコーマートや北洋銀行も黒い瓦屋根
f0276498_22594972.jpg

中心市街地のこの街並みを歩き抜けると・・
f0276498_2301916.jpg

旧松前線の駅の跡
北海道の南の端に・・
こんな異空間があったのですね。

f0276498_230599.jpg

次のバスまで時間があったので・・
こちらで昼食
f0276498_2313679.jpg

名物?の松前浜ちゃんぽん。
いか、うに、ほたて・・海の幸いっぱい
そして、街歩きで冷えた体もあったまります。

<その2へつづく>

昨年(17回目)の新年の旅
2013新年の旅17「気仙沼ー陸前高田ー釜石編」1~今年は気仙沼集合~へ
2年前(16回目)の新年の旅
2012新年の旅(街歩き)16「北三陸(久慈市・野田村)編」1~三陸へ向う~
3年前(15回目)の新年の旅
2011新年の旅(街歩き)15「湧別・紋別・別海・霧多布編」その1

café&宿カンタベリーのホームページ(宿泊とカフェの案内など)へ

エゾリス・カンタの日記~十勝・中札内村 森の住人たち~(Yahooブログ)へ

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 十勝情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小動物ブログ リスへ
にほんブログ村
by tkomcanter | 2014-01-08 23:02 | | Comments(0)