十勝平野のど真ん中、中札内村にある「エゾリス君の宿 カンタベリー」から森の中の出来事、エゾリス、野鳥、周辺の観光スポット、宿の事などを紹介します。


by tkomcanter
f0276498_13435222.jpg
昨夜、10センチほどの積雪がありました。
f0276498_13445014.jpg
カンタベリーの積雪計は1メートルを超えました。
f0276498_13454509.jpg
顔に雪をつけたエゾリス君を発見!
f0276498_13465675.jpg
どうやら雪に埋もれたひまわりの種を掘り起こしているみたい?
f0276498_13473567.jpg
顔が雪まみれになってるのに・・気にせず食べています。
f0276498_13482859.jpg
いったん、周囲を警戒!
f0276498_13491736.jpg
雪まみれのエゾリス君・・
冬らしくて可愛いですね!


# by tkomcanter | 2018-01-21 13:50 | エゾリス | Comments(0)
f0276498_08194416.jpg
一年は早いものです。今年もこの時期がやって来ました。
”新年の旅”です。
f0276498_08202903.jpg
千歳市内のホテルに前泊して・・
1月7日早朝、新千歳空港。
f0276498_08215108.jpg
7時40分発 JAL2000便 新千歳ー伊丹
今年はJALのステイタス取得を目指しています。
そのためフライトはすべてJALグループにしました。
f0276498_08223191.jpg
約2時間で大阪・伊丹空港に到着。
f0276498_08231011.jpg
関空には時々立ち寄るのですが・・
伊丹空港は本当に久しぶり、25年振りかな~!
f0276498_08240854.jpg
レトロな雰囲気すら漂うターミナルは懐かしい感じです。
行き先案内板が電光掲示でなく・・パタパタ回るやつ。
乗り継ぎ時間50分で次の便へ。
10時35分発 JAL2407便 伊丹ー鹿児島
f0276498_08270504.jpg
1時間半ほどで鹿児島空港到着ですが・・
まだ旅は終わりません。
f0276498_08281217.jpg
成人の日の連休中日、空港は混み合っていました。
次の便までは2時間半ほど待ち時間があります。
f0276498_08300134.jpg
f0276498_08290239.jpg
薩摩の黒豚の宣伝文句に魅せられて・・
空港内のレストランで「黒豚のとんかつ定食」をいただきました。
f0276498_08305658.jpg
時間がたっぷりあるので・・屋上展望スペースで飛行機見学!
f0276498_08315771.jpg
鹿児島空港は離島航路が数多く発着しています。
今年はこの中の島の市役所が集合場所になっています。
f0276498_08324820.jpg
機材の到着遅れで10分ほど遅延していますが・・
無事に出発できそうです。
14時35分発 JAC3769便 鹿児島ー種子島
f0276498_08335068.jpg
ゲートの下にはバスが待っていて・・
離島行き小型機の駐機場へ向かいます。
f0276498_08344151.jpg
この光景は鹿児島空港らしい雰囲気です。
f0276498_08352488.jpg
今回搭乗するプロペラ機ATR-42。
昨年春、新しく導入された機材で、乗ってみたかった飛行機です。
f0276498_08361180.jpg
離陸後30分、あっという間に種子島到着。
f0276498_08370257.jpg
新しい種子島の空港ターミナル。
いったいどんな島でしょうか?

~その2へつづく~



# by tkomcanter | 2018-01-21 08:41 | | Comments(0)
f0276498_12221663.jpg
いよいよ冬の寒さも本番になってきました。
今朝の気温はマイナス13度・・
f0276498_12275276.jpg
晴れてはいますが・・キーンと冷え込んでいます。
f0276498_12295734.jpg
いつものように、エゾリス君が2匹やって来ました。
f0276498_12230886.jpg
冬毛のエゾリス君は耳毛もあり、モコモコしていて可愛いですね。
f0276498_12243172.jpg
雪まみれになりながら・・木の枝をつたって小屋にやって来ます。

そして、これからの時期・・
f0276498_12305929.jpg
更別村への霧氷ツアーも人気です。

マイナス15℃以上に冷え込んだ、快晴、無風の朝・・
宿から車で20分の場所にある「霧氷がきれいに見えるスポット」へご案内しています。
f0276498_12320280.jpg
「エゾリス君の宿カンタベリー さらべつ霧氷ツアー」
ご宿泊の方限定、朝6時に宿を出発、無料でご案内しています。





# by tkomcanter | 2018-01-06 12:35 | エゾリス君の宿 | Comments(0)
f0276498_22312778.jpg
短い時間の滞在でしたが・・
f0276498_22335856.jpg
リエカの街を後にします。
f0276498_22354328.jpg
リエカ午前10時発、イタリアのトリエステ行き
f0276498_22365282.jpg
市街地を抜けるとすぐに国境の検問所があり、クロアチアを出国。
f0276498_22374266.jpg
雪が積もったこの地は”スロヴェニア”です。
しばらくスロヴェニア領を通過しながら・・
バスは約2時間でトリエステ(イタリア)に到着。
f0276498_22392382.jpg
トリエステの駅前。
f0276498_22410688.jpg
ヴェネツィア・サンタルチア駅までのチケットを買って
f0276498_22464277.jpg
f0276498_22430077.jpg
駅構内にあるカフェでピザを食べながら・・
出発までの時間を過ごします。
f0276498_22472399.jpg
14時15分発、ヴェネツィア・サンタルチア行き快速列車。
f0276498_22480459.jpg
アドリア海を左に眺めながら・・約2時間の鉄道旅。
本土から延びる長い橋を渡ると・・ヴェネツィア。
f0276498_22492093.jpg
サンタルチア駅前に降り立つと、まさかの雪模様。
2番のヴァボレットでサンマルコまで行き、そこからヒルトン・ホテルの船に乗り換えます。
4日宿泊する「ヒルトン・モリノスタッキー・ベニス」
<トップの写真はホテルの部屋からヴェネチア本島の眺望>
ヴェネチア本島の隣りジョーデッカ島にあり、船でしか行くことができないのです。
f0276498_22522759.jpg
f0276498_22531830.jpg
夕食はホテル内のレストランで・・海の幸と海鮮パスタ。
f0276498_22540747.jpg
ヒルトン・モリノスタッキーは製粉工場をリノベーションしたホテルで・・
f0276498_22550376.jpg
目の前の桟橋からサンマルコ広場へ専用ボートが発着しています。
f0276498_22562536.jpg
ヴェネツィア観光の中心地・サンマルコ広場。
いつもは観光客であふれているはずですが・・
閑散期なので静かです。
f0276498_22571567.jpg
約20年振りのヴェネツィア・・
ドゥカーレ宮殿に入ってみます。
サンマルコ寺院の屋根も見える中庭です。
f0276498_22581991.jpg
内部の天井絵や彫刻は目を見張る豪華さ。
f0276498_22590964.jpg
20年前にも見ているはずですが・・ほとんど記憶にないのです。
f0276498_23012354.jpg
ヴェネツィアの島内は迷路のような街並み・・
f0276498_23020265.jpg
行き先案内の矢印を頼りに散策。
f0276498_23035425.jpg
f0276498_23045325.jpg
ヴェネツィアのランドマークのひとつ”リアルト橋”
f0276498_23053770.jpg
橋の上からの眺めは・・ヴェネツィアを代表する風景。






# by tkomcanter | 2018-01-05 23:06 | | Comments(0)
f0276498_22501918.jpg
いよいよドゥブロブニクから旅の終着地ヴェネツィアを目指して移動を始めます。夏のオンシーズンにはアドリア海を渡る航路がいくつかあるのですが・・12月はほとんどの航路が運休しているのです。
f0276498_22515141.jpg
ホテルの部屋からの景色。
f0276498_22523874.jpg
4日間宿泊した「ヴィラ・アンコラ」
ドゥブロブニクの美しい風景を目に焼き付けながら・・
ホテルのオーナーの車で長距離バスターミナルに向かいます。
f0276498_22533818.jpg
ドゥブロブニクの長距離バスターミナル
f0276498_22545174.jpg
ドゥブロブニクを朝8時に出発、ひたすらアドリア海沿いを北上、夜8時半スロヴェニアとの国境の街・リエカに到着予定です。
ドゥブロクニクの街を背に30分ほど走ったところで・・
国境の検問所?
海沿いの数キロ区間、ボスニア・ヘルツェゴヴィナを通過するのです。
f0276498_22555285.jpg
ボスニア・ヘルツェゴヴィナ唯一の港町・ネウム。
この町を過ぎるとすぐクロアチアに再入国。
f0276498_22563673.jpg
海沿いにはリゾート地が続きます。
f0276498_22572996.jpg
バスはアドリア海リゾートの中心、マカルスカのバスターミナルで停車。

ドゥブロブニクから約4時間、大きな港に入ってきました。
f0276498_23011969.jpg
アドリア海沿いで最大の街・スプリットです。
見どころも多い観光地でもあります。
f0276498_23022313.jpg
港に近いバスターミナルは活気があり、ここで40分の休憩。

f0276498_23032352.jpg
さらにバスは走ります。
f0276498_23042431.jpg
世界遺産のあるシベニクという街のバスターミナルに停まります。
このバスの沿線には途中下車して観光したい街がいくつもあります。また来ることができたなら、立ち寄りたいですね。

午後3時を過ぎ、日が傾き始めました。
f0276498_23061335.jpg
アドリア海に沈む夕日を眺めながら・・
f0276498_23051802.jpg
バスは夕日で有名な街・サダル市内へ。
f0276498_23071069.jpg
サダルのバスターミナル。
f0276498_23080512.jpg
さすがに疲れてきたので・・アイスでも食べよう。
午後4時です。ここで全行程の約3分の2。

サダルの街を過ぎるとすぐに暗くなってきました。人家のあまりない真っ暗な海岸線をひたすら走り・・
f0276498_23094778.jpg
Senjという町らしいバス停に停車。約30分の休憩。
f0276498_23103660.jpg
ちょうどバス停の前にパン屋さんがあったので、買ってみました。

12時間以上もバスに乗り続けたのは久しぶりです。
f0276498_23121232.jpg

ほぼ定刻の8時30分、終点リエカに到着。
f0276498_23140234.jpg
クロアチア最大の貿易港・リエカ、ネオンが華やかです。
この日の移動はここまで、市街地を抜けたところにある
f0276498_23150881.jpg
ホテル・コンチネンタルというレトロなホテルに宿泊。
f0276498_23160211.jpg
遅めの夕食をとりに、街中へ。

f0276498_23174556.jpg
路地裏のイタリア料理店でリゾットを頂きました。
f0276498_23194045.jpg
リエカ・・なかなか雰囲気のある港町です。
(トップの写真は翌朝、ホテルの部屋から見たリエカ市街です)

vol.13へつづく





# by tkomcanter | 2018-01-04 22:58 | | Comments(0)