「ほっ」と。キャンペーン

十勝平野のど真ん中、中札内村にある「エゾリス君の宿 カンタベリー」から森の中の出来事、エゾリス、野鳥、周辺の観光スポット、宿の事などを紹介します。


by tkomcanter
f0276498_17185729.jpg
今朝はほんとうに冷え込みました。
中札内村でマイナス24℃を越えました。

宿泊のお客さんが霧氷の撮影をするのに
6時前に出発。
この寒さだと、きれいな霧氷がみられそうなので
追いかけるように私も出かけてみました。
f0276498_17193217.jpg
更別霧氷スポットへ行く途中の朝焼け

そして、7時10分前
f0276498_17194452.jpg
撮影スポットへ到着。
f0276498_17201843.jpg
すでに、数人の写真家がスタンバイしていました。
f0276498_17204182.jpg
霧氷の木々の背後から太陽が昇り始めます。
f0276498_17214694.jpg
7時15分
f0276498_17212775.jpg
日が昇るにつれ霧氷の木々が浮かび上がってきます。
f0276498_17220495.jpg
f0276498_17222819.jpg
霧氷の花咲く木々
f0276498_17224289.jpg
朝日が徐々に霧氷を照らしはじめます。
f0276498_17230929.jpg
木々の白さが際立ってきます。
f0276498_17232314.jpg
霧氷は・・
f0276498_17233560.jpg
太陽の光で・・数時間後には
f0276498_17234777.jpg
はかなく消えてしまいます。

更別村の霧氷は・・
寒さが厳しくなる、これから2月にかけて
見られる日が多くなります。

「エゾリス君の宿 カンタベリー」
 早朝、更別村霧氷観察ツアー

 マイナス20℃近くまで冷え込んだ
 風のない、晴れた朝 限定
 6時30分ごろ宿を出発、霧氷スポットまで約20分
 宿泊のお客さんをご案内しています。

エゾリス君の宿カンタベリーのホームページ(新しい宿のサイトです)へ
2007年から公開している「カンタベリーの旧ホームページ」へ
マイとかちブログ「十勝・中札内村 森の中より」へ
エゾリス・カンタの日記~十勝・中札内村 森の住人たち~(Yahooブログ)へ


にほんブログ村
にほんブログ村 小動物ブログ リスへ
にほんブログ村



# by tkomcanter | 2013-01-11 12:00 | 更別村 | Comments(0)
f0276498_17333780.jpg
少し内陸にある市役所から
港沿いの市街地に向け歩きはじめます。
海が近づくにつれ空き地が増えてきます。
そして、最初、目に付いたのは・・
f0276498_17340995.jpg
仮設店舗「南町紫市場」
お店の数が多く、活気を感じられる一方で
被災した街の規模の大きさも想像できます。
f0276498_17343486.jpg
いよいよ気仙沼の中心市街地へ
一階部分が流された建物と基礎だけ残る場所
f0276498_17344801.jpg
そして、建物が密集していたであろう
街の中心部は更地になっていました。
15年前に訪れたこの街の面影はまったくありません。
右手に見える「市営駐車場」には見覚えがあります。

大島行きのフェリーや観光船が発着していた桟橋
f0276498_17351367.jpg
被災当時のままでしょうか?

港のそばにある「気仙沼復興屋台村」で
昼食にします。
f0276498_17353161.jpg
建物はプレハブですが・・
あたたかさを感じるお店です。
f0276498_17355165.jpg
海鮮丼セット
ここは、地元の人も集まり・・
人のつながりを感じられる場所です。

f0276498_17360596.jpg
日本有数の水揚げ量を誇る”気仙沼港”のシンボル
巨大な魚市場は・・
屋上近くまで浸水しました。

気仙沼魚市場から南気仙沼駅にかけての
市街地を歩いてみます。
f0276498_17363778.jpg
このあたりは津波の勢いが強かったと思われます。
f0276498_17365241.jpg
残された基礎の区画が広いのを見ると・・
大きな建物まで流されたのでしょうか?
そして、先に見えるグリーンのシーツをかぶった
建物が今回宿泊するホテルです。
(トップの写真はホテルの最上階からの風景です)

南気仙沼駅がどこにあったのかわかりません。
f0276498_17372316.jpg
ようやく見つけたのはホームらしき跡だけ・・
駅周辺もかなりの規模の市街地があったはずですが・・

南気仙沼駅近くの国道から
鉄道の代替として運行されているBRT(bus rapid transit)
に乗って隣町の本吉町を往復

夜はこちら・・
f0276498_17373727.jpg
提灯のあかりに誘われて・・
お昼と同じ「復興屋台村」へ
f0276498_17381729.jpg
プレハブ居酒屋です。
10人も入ればいっぱいのお店ですが・・
f0276498_17383115.jpg
もちろん海の幸は絶品!
こちらは気仙沼のホヤ!
f0276498_17385083.jpg
店主とお客さんとの距離が近くていいですね。
この町で民宿を営んでいたという店主
津波で流されてしまったということです。
「このお店はとても素敵です。また来ます。」
と言いつつも、宿を再開される事も願っています。

出発の日に見た気仙沼港
f0276498_17390541.jpg
少しずつですが・・
確実に漁船が戻ってきているのでしょうね!

観光案内所で買ったお土産の袋に
大きく書かれていたのは・・
「海と
   生きる
      気仙沼」


この街を歩いてみて、この言葉の意味が奥深く
重みのあることを感じました。

その3(陸前高田へ)へつづく~

エゾリス君の宿カンタベリーのホームページ(新しい宿のサイトです)へ
2007年から公開している「カンタベリーの旧ホームページ」へ
マイとかちブログ「十勝・中札内村 森の中より」へ
エゾリス・カンタの日記~十勝・中札内村 森の住人たち~(Yahooブログ)へ


にほんブログ村
にほんブログ村 小動物ブログ リスへ
にほんブログ村

# by tkomcanter | 2013-01-10 12:00 | | Comments(0)
f0276498_18153212.jpg
毎年、年明けのこの時期恒例となっている
「市役所で待ち合わせる新年の旅」
大学時代からの友人と17年間続いている行事?です。

新年の旅についての”いきさつ”などは
新年の旅について・・3年前の「新年の旅ブログ」
新年の旅(街歩き)「七戸・青森・津軽編」その1~今年で14年目~へ
または・・
なまら蝦夷8号「宿主エッセイ」
で紹介しています。

今年も復興支援に少しでも役立てば・・と
被災地を歩くことにしました。

1月4日 正午 気仙沼市役所 で待ち合わせです。

さて、十勝・中札内村からどうやって行こうか?
新千歳から仙台まで飛行機
そして仙台から気仙沼行きバスに乗るのが
もっとも早く、一般的な行き方でしょうが・・
料金も高くつくので・・
今回もこれ
f0276498_18160539.jpg
「北海道&東日本パス \10000」
7日間有効 JR北海道と東日本の普通列車に乗り放題
急行券を買えば札幌ー青森「はまなす」にも乗れます。

列車乗り継ぎと駐車場の都合で
今回は新得駅からスタートです。
f0276498_18162315.jpg
新得駅前には町営の大きな無料駐車場があります。
新得~新夕張間はこのチケットで特急列車の自由席に乗れます。
f0276498_18163885.jpg
「スーパーとかち」で約1時間 新夕張駅到着
約1時間40分待って・・
千歳行き普通列車に乗り換えます。

夜の7時に札幌到着
f0276498_18165889.jpg
ここまでで十分な列車の旅ですが・・
ここからがさらに長い・・?
22時ちょうど発 「急行はまなす」
f0276498_18170878.jpg
学生時代北海道を旅していた頃から
よく乗っていた夜行列車です。
青森駅には翌朝5時40分に到着します。

昔ながらの夜行の次は・・
f0276498_18172268.jpg
最新鋭のスーパーエクスプレス
「はやぶさ」
f0276498_18175057.jpg
新青森ー盛岡間が50分あまりです。
f0276498_18180278.jpg
盛岡駅で下車「はやぶさ」は東京へ

朝7時、雪模様の盛岡
f0276498_18182603.jpg
盛岡駅前です。
f0276498_18183955.jpg
普通列車で一関まで1時間半
f0276498_18185990.jpg
一関から大船渡線に乗り換え
約1時間半
家を出てから24時間近く列車に揺られ・・
f0276498_18191511.jpg
ようやく気仙沼駅・・に到着。(遠かった~)
f0276498_18193911.jpg
気仙沼駅前、ここだけを見ると
ほとんど被害はなさそうですが・・
(この駅は街の少し内陸にあります)
陸前高田方面と南三陸方面の線路は
津波で寸断され復旧のメドがたっていません。
f0276498_18200632.jpg
情熱的に被災地の観光をサポートしている
観光案内所・・
・・おっと、市役所待ち合わせの前に
太郎とここで会ってしまいました。
17回もやっているとこういう事もあります。
(途中で会ってしまうのは3回目か4回目?)

ということで一緒に歩いて
今回の旅のスタート地点
気仙沼市役所
f0276498_18145291.jpg
その2(気仙沼被災地を歩く)へつづく~

昨年(16回目)の新年の旅
2012新年の旅(街歩き)16「北三陸(久慈市・野田村)編」1~三陸へ向う~
2年前(15回目)の新年の旅
2011新年の旅(街歩き)15「湧別・紋別・別海・霧多布編」その1
3年前(14回目)の新年の旅
新年の旅(街歩き)「七戸・青森・津軽編」その1~今年で14年目~へ

エゾリス君の宿カンタベリーのホームページ(新しい宿のサイトです)へ
2007年から公開している「カンタベリーの旧ホームページ」へ
マイとかちブログ「十勝・中札内村 森の中より」へ
エゾリス・カンタの日記~十勝・中札内村 森の住人たち~(Yahooブログ)へ


にほんブログ村
にほんブログ村 小動物ブログ リスへ
にほんブログ村

# by tkomcanter | 2013-01-09 12:00 | | Comments(0)
f0276498_16171673.jpg
先日、宿泊のお客さんで
「愛国駅」は見学できたのに・・
時間の都合で「幸福駅」に行けなかった方がいました。

この日の夜、たまたま帯広へ出かける予定があったので
「暗くてもよければ、幸福駅まで乗せていきましょうか?」
というのが・・
きっかけで・・

冬の夜の幸福駅にやってきました。
f0276498_16165409.jpg
よる9時30分
もちろん売店は締まっていますが・・
f0276498_16161281.jpg
雪の中、ばんやりと浮かび上がる
「幸福駅」
誰もいない駅舎。
雪を踏みしめる足音だけが響きます。
f0276498_16174420.jpg
20数年前、最終列車、到着前の
光景がここにありました。
f0276498_16181839.jpg
ホームを照らすほのかな灯りの中・・
こうやって最終列車が入って来たのかな?

冬の夜に幸福駅で旅情を味わってみませんか?

エゾリス君の宿 カンタベリー
「冬の”夜”の幸福駅ツアー」
(冬季12月~3月限定)
宿泊のお客さんでご希望の方は
夕食後、夜の幸福駅へご案内しています。

エゾリス君の宿カンタベリーのホームページ(新しい宿のサイトです)へ
2007年から公開している「カンタベリーの旧ホームページ」へ
マイとかちブログ「十勝・中札内村 森の中より」へ
エゾリス・カンタの日記~十勝・中札内村 森の住人たち~(Yahooブログ)へ


にほんブログ村
にほんブログ村 小動物ブログ リスへ
にほんブログ村

# by tkomcanter | 2013-01-08 12:00 | 十勝 | Comments(0)
f0276498_16250943.jpg
年の初めは・・毎年「帯広競馬場」に
行くことになっています。
今日は重賞レース第35回「帯広記念」
f0276498_16270148.jpg
とかちむらを通り抜け・・
f0276498_16255984.jpg
昨年の元旦以来・・1年ぶりの帯広競馬場です。
(春夏秋と暇があれば来たいと思いつつ
忙しくて来ることができなかったのです。)
f0276498_16253660.jpg
さっそくリッキー君を発見!
f0276498_16264304.jpg
今日はいつになく、華やかな雰囲気の競馬場

5レースから観戦
f0276498_16273361.jpg
昼食は昭和の雰囲気ただよう
場内の食堂で・・
f0276498_16274748.jpg
昭和49年からの人気メニューだという
f0276498_16280885.jpg
「カレーラーメン」をいただきました。

「おしるこ」のサービスもあり・・
f0276498_16282139.jpg
メインレースが近づくにつれ
お客さんがどんどん増えてきます。
f0276498_16284062.jpg
いままで帯広競馬場に来た中で
もっとも人が多いのでは・・

そして・・帯広記念の結果は・・
f0276498_16290531.jpg
応援していた「カネサブラック」が勝利

1年ぶりの楽しい競馬観戦でした。

エゾリス君の宿カンタベリーのホームページ(新しい宿のサイトです)へ
2007年から公開している「カンタベリーの旧ホームページ」へ
マイとかちブログ「十勝・中札内村 森の中より」へ
エゾリス・カンタの日記~十勝・中札内村 森の住人たち~(Yahooブログ)へ


にほんブログ村
にほんブログ村 小動物ブログ リスへ
にほんブログ村

# by tkomcanter | 2013-01-02 12:00 | 十勝 | Comments(0)