「ほっ」と。キャンペーン

十勝平野のど真ん中、中札内村にある「エゾリス君の宿 カンタベリー」から森の中の出来事、エゾリス、野鳥、周辺の観光スポット、宿の事などを紹介します。


by tkomcanter

<   2016年 12月 ( 19 )   > この月の画像一覧

f0276498_18170077.jpg
大晦日の朝・・今年最後の日の出!
f0276498_18212932.jpg
・・に”エゾリス君”

by tkomcanter | 2016-12-31 18:52 | 季節 | Comments(0)
f0276498_23491737.jpg
マラッカからいよいよ首都クアラルンプールへ
郊外にあるマラッカ・セントラルバスターミナル
f0276498_23461441.jpg
KKKLバス クアラルンプール(TBSバスターミナル)行き
数あるバス会社の中から人気ありそうな会社を選びました。
f0276498_23482563.jpg
f0276498_23505617.jpg
シートがゆったりしていて快適。
定刻どおりにクアラルンプールTBS到着。
f0276498_23485002.jpg
ここからはLRT(都市鉄道)とKLモノレールで都心部へ
f0276498_23501205.jpg
ブキッビンタン近くのホテルへ
f0276498_23513095.jpg
「ノボテル・クアラルンプール・シティセンター」
f0276498_23520738.jpg
歩いて・・KL随一の繁華街・ブキッビンタンへ
ショッピング・モールを巡りながら「アロー通り」へ
f0276498_23524519.jpg
300m余りある通りには屋台がひしめき合っています。
f0276498_23532298.jpg
その中のひとつ流行っていそうな店で夕食です。
f0276498_23535164.jpg
カキの卵焼き・・美味しかった!
f0276498_23542528.jpg
ココナッツアイスクリーム・・食後のデザートに
f0276498_23545712.jpg
夜のショッピングモール・パピリオン

翌朝はペトロナスツインタワーへ
f0276498_23560979.jpg
ホテルから空中歩道(スカイウォーク)を歩いて15分
KLCC公園に出ると・・
f0276498_23563754.jpg
2本のタワーが見えてきました。
予約なしなので、すぐに登れないかと思っていたら・・
あっさり入場できてしまいました。
f0276498_23571889.jpg
エレベーターでまずは2本のタワーをつなぐブリッジへ
f0276498_23592878.jpg
タワーの中間部分ですが・・充分高い!
f0276498_23595970.jpg
86階の展望デッキへ
1998年に完成、452m 2003年までは世界一の高さでした。
f0276498_00013701.jpg
KLタワーとその他のビルが小さく見えますね。

~vol.14へつづく~





by tkomcanter | 2016-12-31 00:05 | | Comments(0)
by tkomcanter | 2016-12-29 21:23 | 中札内村 | Comments(0)
f0276498_10395358.jpg
マレーシアの古都・マラッカ
イスラム教のスルタンが支配する王国がホルトガル、オランダ、イギリス、日本・・と統治者を変えていきました。入植した華僑の文化とマレー、欧州の文化も交じり合った異国情緒たっぷりな街です。
f0276498_10402703.jpg
「マラッカ・スルタンパレス」
マラッカ王国時代の宮殿を再現。
f0276498_10405273.jpg
蝋人形を使って当時の様子も再現。
f0276498_10411400.jpg
外では何か演武が行われていました。
f0276498_10414791.jpg
マラッカ観光の中心地「オランダ広場」
20年前に訪れた時に比べると・・かなり華やかになっています。
f0276498_10420967.jpg

カラフルにデコレートされたトライショーがいっぱい。
f0276498_10433040.jpg

夜になるとこんな事になってしまいます。
マレーシアでもポケモン、キティ、ドラえもんは大人気!
f0276498_10430316.jpg

人気の手作りアイスクリーム屋台
f0276498_10440004.jpg

オランダ広場周辺の朱色の街並み
f0276498_10505342.jpg

マラッカ川とザビエル教会
f0276498_10514265.jpg
マラッカ川とザビエル教会
f0276498_10553199.jpg
何気ないマラッカの街並み
f0276498_10555788.jpg
カンボン・クリン・モスクのある通り
f0276498_10562296.jpg
昼食はジョンカーストリートにある「ジオグラファー・カフェ」で・・
f0276498_10564388.jpg
f0276498_10570743.jpg
雰囲気も食事も・・観光地ということで洗練されています。
f0276498_10575664.jpg
当時、交易で財を成した華僑の邸宅が並ぶ・・
f0276498_10581965.jpg
「ヒーレン・ストリート」<トップの写真>
f0276498_10590338.jpg
現在、骨董品店の建物内部はこんな感じ。
間口が狭く、奥行きが広い・・京の町屋のようですね!
f0276498_10592864.jpg
「ババニョニャ・ヘリテージ」
華人とマレー人の文化が融合した”プラナカン”発祥の地です。
内部は英語のガイド付きで見学できました。

~vol.13へつづく~





by tkomcanter | 2016-12-29 10:54 | | Comments(0)
f0276498_22534589.jpg
ペナン国際空港から再度、飛行機にて移動です。
f0276498_22540726.jpg
マレーシアの航空会社・マリンドエアに挑戦。
f0276498_22543755.jpg
格安の航空会社ですが・・搭乗カウンターにてチェックイン
荷物も無料で預けることができます。
LCCのようですが、実情はレガシーキャリア並み?
f0276498_22555881.jpg
OD1330 マリンドエア 10時20分発 マラッカ行き
f0276498_22562652.jpg
ペナンーマラッカ間のローカルフライトのため
ATR-72という小型のプロペラ機です。
(昨年、台北で墜落した復興航空と同型?)
f0276498_22570235.jpg
もちろん徒歩にて搭乗!マニアとしては飛行機が近くで見れて嬉しい!
f0276498_22580783.jpg
離陸後、ジョージタウンのビル群が眼下に・・
4泊5日のペナン島とお別れ!
f0276498_22591630.jpg
機内では水が配られます。
f0276498_22594273.jpg
1時間と少しで高度を下げ始め・・マラッカ空港に無事着陸。
f0276498_23023878.jpg
もちろん歩いてターミナルビルへ
f0276498_23030252.jpg
マラッカ空港は新しいのですが・・小さな空港。
市街地までの公共交通手段はタクシーのみ。
f0276498_23033453.jpg
空港に待機していたタクシーがすべて出払ってしまったみたい?
そこで空港の職員が自分の車でマラッカ市内のホテルまで送ってくれるという話になりました。(もちろん謝礼はお支払いしました)

ホテルで少しくつろぎ・・
近くのインド料理店で遅い昼食。
f0276498_23061290.jpg
マラッカの街中へ散歩に出かけます。
f0276498_23071989.jpg
観光の中心地「オランダ広場」
f0276498_23095280.jpg
すぐそばのマラッカ川周辺は遊覧船も走る観光スポットです。
f0276498_23101421.jpg
オランダ広場からマラッカ川に架かる橋を渡るとジョンカー・ストリート(ショッピング・ストリート)です。
f0276498_23113628.jpg
f0276498_23115703.jpg
プラナカン様式の建物が並び・・観光客であふれています。
f0276498_23135098.jpg
雰囲気のありそうなこちらのカフェでいっぷく!
f0276498_23141373.jpg
日が暮れて来ると、こちらのジョンカーストリートはナイトマーケットへ早変わり・・
f0276498_23144424.jpg




by tkomcanter | 2016-12-27 23:08 | | Comments(0)
f0276498_08265946.jpg
ジョージタウンの街中にはウォールアートがあちらこちらに
見られます。小物を使ったトリックアートのようになっていて
街歩きが楽しくなります。
f0276498_08273734.jpg
猫の雑貨を販売しているお店の柱で見つけたアート
f0276498_08323434.jpg
この猫が一番のお気に入りです。
f0276498_08284876.jpg
子供が何か取ろうとしていますね・・これ椅子は実物。
f0276498_08313848.jpg
これは格子戸が実物。
f0276498_08305020.jpg
こちらもバイクはホンモノ。
f0276498_08321002.jpg
あっ窓から猫がこちらを見ている~。

シャングリラホテルからジョージタウン市街へは約30分、ホテルの送迎バスを利用。市街からホテルへは路線バスで帰ってみます。
f0276498_08330631.jpg
ガー二―ドライブで途中下車。
f0276498_08340443.jpg
夜には屋台街として盛り上がります。
f0276498_08352408.jpg
ラクサやカレー麺などをいただきました。
f0276498_08360090.jpg

翌朝はホテルからジョージタウンとは逆方向、テロッバハンという町へ路線バスで出かけます。
f0276498_08370600.jpg
素朴な島の漁村です。
f0276498_08422988.jpg
観光客はほとんどいませんが・・
軒先の花がきれい!
f0276498_08425263.jpg
バツーフェリンギへ戻る途中には
「トロピカル スパイスガーデン」があります。
f0276498_08432072.jpg
急斜面の園内を観葉植物や熱帯の花、スパイスを観賞しながら散策できます。
f0276498_08435221.jpg
園内にあるレストラン
f0276498_08442213.jpg
こちらで海と熱帯の森を見ながら昼食。

~vol.11へつづく~







by tkomcanter | 2016-12-27 08:48 | | Comments(0)
f0276498_22245937.jpg
雪が降り止んだ後のエゾリス君は活発です。
f0276498_22260363.jpg
先日の大雪で、カラマツの木の枝には大量の雪が積もっています。
エゾリス君がやって来ると・・
雪がバサッと落ちてくるので、すぐに分かります。

by tkomcanter | 2016-12-26 22:28 | エゾリス | Comments(0)
f0276498_09085062.jpg
ペナン島の中心都市「ジョージタウン」
イギリス統治時代の建物とマレー・中華系、インド系、アラブ系の文化がミックスした街並みで・・世界遺産に登録されています。
f0276498_09092100.jpg
ペナンを訪れるのは実に20年振りですが・・
街の雰囲気があまり記憶に残っていません。
f0276498_09094698.jpg
バスターミナルのあるショッピングモール「コムタ」は
なぜかよく覚えています。
ジョージタウンの街は徒歩にはちょっと広いのですが・・
がんばって歩いてみます。
f0276498_09105870.jpg
街で見つけたエッグタルトのお店「名香泰」
f0276498_09112897.jpg
まずはブルーマンションと呼ばれる
「チョンファッツィ マンション」
f0276498_09121012.jpg
プラナカン様式の豪華な建物、映画の撮影にも使われています。
壁を彩る美しい青が特徴的です。
f0276498_09134805.jpg
セントジョージ教会
f0276498_09141918.jpg
ビクトリア・メモリアル時計台
この周辺にはイギリス統治時代の建物が残ります。
f0276498_09144857.jpg
カフェでランチ
f0276498_09171885.jpg

もう一つのプラナカン・マンション
f0276498_09220961.jpg

ハイキ―・チャンにより建てられた「ペナン・プラナカンマンション」
f0276498_09231127.jpg
内部は博物館として公開、19世紀当時の優雅な生活の一端が垣間見れます。
f0276498_09192879.jpg
マレー半島部の街・バタワーズは目と鼻の先
約15分の距離をフェリーが頻繁に往復しています。
f0276498_09195210.jpg
港近くにある水上集落
f0276498_09211444.jpg
こちらは周姓一族の橋
陳姓橋、林姓橋、李姓橋・・・
同一姓でまとまって集落をつくっているのです。
f0276498_09282516.jpg
「リトルインディア」
インド系スーパー・レストラン、ヒンズー寺院・・
この一角はまるでインド?どこの国に来ているのかわからなくなってしまいますね。
f0276498_09285446.jpg
「アラブ人街、アルメニア通り周辺」
トライショーが集まるこの辺りはお土産屋、カフェなどが多く
観光の中心的な場所になっているみたいです。
f0276498_09294339.jpg
「カピタン・クリン・モスク」
f0276498_09301549.jpg
イメージよりも広くて見ごたえのあるジョージタウンの街並み
f0276498_09310035.jpg
2日間かけてゆっくり歩いてみました。

~vol.10へつづく~




by tkomcanter | 2016-12-26 09:24 | | Comments(0)
f0276498_07522276.jpg
コタキナバル国際空港からマレー半島東海岸の島・ペナン島へ
f0276498_07525147.jpg
この路線もエア・アジアです。
f0276498_07531558.jpg
AK5323 13:20コタキナバル発 ペナン行き
f0276498_07534017.jpg
コタキナバルーペナン間は約3時間の空の旅
f0276498_07535800.jpg

離陸直後、コタキナバルの市街と泊まっていたホテルが見えました。
約1週間滞在したボルネオ島が離れていきます。
f0276498_07542002.jpg

定刻どおり、ペナン国際空港へ到着。

空港到着ロビーのタクシーカウンターでホテルまでの車を申し込みます。
ペナン島4泊の宿泊先は「シャングリラ ラササヤンリゾート」
f0276498_07555498.jpg
空港からはジョージタウンの街を過ぎ、約1時間くらい
バツーフェリンギという地区にあります。
f0276498_07571113.jpg
「ガーデンウィング スタジオスイートルーム」
今回、コタキナバルでもシャングリラに宿泊していたためか?スイートルームにアップグレードしてくれました。
f0276498_07592361.jpg
窓が広く、コーナーなのでとても見晴らしがいいです。
f0276498_07595157.jpg
ビーチもすぐ近くに見えます。
f0276498_07575352.jpg
ホテルのロビー
f0276498_07585013.jpg
プール
f0276498_08002880.jpg
朝食はスパイスガーデンというレストランで・・
海亀のキャラクターもやって来ます。
f0276498_08241577.jpg
ショップで販売しているシャングリラ・ラササヤン・ウミガメのマスコット
可愛かったので・・ひとつ購入!
f0276498_08010560.jpg
バツーフェリンギは海岸沿いにリゾートホテルが立ち並ぶエリアです。
f0276498_08012739.jpg
夕暮れ時のビーチ
f0276498_08015608.jpg
夜のみオープンの屋台街
f0276498_08022497.jpg
ビールは注文に来てくれて・・
f0276498_08025107.jpg
あとは好きなものを好きな場所で買ってくるスタイルです。

~vol.9へつづく~




by tkomcanter | 2016-12-25 08:06 | | Comments(0)
f0276498_08393620.jpg
北ボルネオ鉄道のSLに乗るツアーがあったので参加しました。
コタキナバル郊外のタンジュンアル駅を午前10時に出発し
キナルート駅で停車、終点パパール駅で折り返す行程です。
f0276498_08401792.jpg
f0276498_08410703.jpg
車内は観光用に改修され豪華客車のようです。
f0276498_08415661.jpg
北ボルネオ鉄道のエンブレム
f0276498_08435231.jpg
古典的な方法で薪を入れているためか?
出発は20分ほど遅れました。
f0276498_08423680.jpg
出発後すぐにお茶とお菓子のサービス。
f0276498_08443885.jpg
f0276498_08462903.jpg
40分ほどでキナルート駅に到着
f0276498_08472214.jpg
停車時間は1時間ほど
f0276498_08474800.jpg
駅前の街並みと中国寺院を見学。
客車に戻ってみると、昼食の用意が出来ていました。
f0276498_08530430.jpg
4段の重箱のようなお弁当です。
f0276498_08555509.jpg
f0276498_08562078.jpg
列車の旅の雰囲気たっぷり。
車内アナウンスがあり・・列車は終点まで行かずこの駅で折り返すようです。後で理由を聞くと燃料の薪が足りないとのこと。
何とも古典的な原因か!

午後から出発の「マングローブリバーサファリと蛍観賞」というツアーに参加
f0276498_08581526.jpg
こんな船でジャングルクルーズ
f0276498_08585418.jpg
川沿いの木々には・・
f0276498_08592905.jpg
フクロウがいたり・・
f0276498_09000276.jpg
テングザルも見る事ができました。
f0276498_09005521.jpg
オヤジが腰かけて、たたずんでいるみたい?
f0276498_09012657.jpg
夕景も美しいです。
f0276498_09025842.jpg







by tkomcanter | 2016-12-24 08:50 | | Comments(0)