十勝平野のど真ん中、中札内村にある「エゾリス君の宿 カンタベリー」から森の中の出来事、エゾリス、野鳥、周辺の観光スポット、宿の事などを紹介します。


by tkomcanter

<   2016年 01月 ( 18 )   > この月の画像一覧

f0276498_12422537.jpg
1月も最終日・・一年で最も寒い時期です。
今朝6時の気温はマイナス16℃
この時期としては、普通の気温ですが・・
f0276498_12425271.jpg
カフェの窓から外を眺めると・・
カラマツ・シラカバなどの木々の枝が薄ら霧氷になっています。
f0276498_12433446.jpg
カンタベリーの建物の裏(東側)から太陽が昇ってきます。
f0276498_12442269.jpg
日の光に照らされ・・霧氷の枝がキラキラ輝きます。
厳冬期の寒さが創り出す美しい光景です。
f0276498_12445094.jpg
こんな寒さにも負けず・・毎朝エゾリス君がやって来ます。
f0276498_12453968.jpg
しばれる朝のカンタベリー

エゾリス君の宿カンタベリーのホームページ(新しい宿のサイトです)へ
2007年から公開している「カンタベリーの旧ホームページ」へ
マイとかちブログ「十勝・中札内村 森の中より」へ
エゾリス・カンタの日記~十勝・中札内村 森の住人たち~(Yahooブログ)へ


にほんブログ村
にほんブログ村 小動物ブログ リスへ
にほんブログ村

by tkomcanter | 2016-01-31 12:48 | 季節 | Comments(0)
f0276498_22511641.jpg
昨年末、新館前にカーポートができました。
f0276498_22514299.jpg
森の雰囲気を壊さないように・・
f0276498_22520387.jpg
そして・・カラマツの木を切らず、空いた空間に
はめ込むように設置したので、少し角度が曲がっています。

先日、ここにEV(電気自動車)の充電設備が完成しました。
f0276498_22522047.jpg
200V普通充電器のコンセント部分
思っていたよりコンパクトなサイズです。
f0276498_22530671.jpg
こんな感じで・・充電!
日産リーフ、三菱アイミーブ、アイトランダーPHEV、プリウスPHVなど
EV、プラグインハイブリット車の充電が可能です。

by tkomcanter | 2016-01-27 22:57 | エゾリス君の宿 | Comments(0)
f0276498_10451892.jpg
先週、宿泊の予約が2日間入っていない日があったので・・
ふらっと、札幌に行ってきました。
森の中で暮らす生活もいいですが・・
たまには都会にも行ってみたくなるものです。
道東道の十勝清水ICから高速に乗って北広島ICで降り
札幌市内までは約3時間半です。
f0276498_10455557.jpg
昨年と同じ、ノボテル札幌のデラックスルーム(高層階)
なんと7600円でした。
さらにプレミアムデラックスルームに無料でアップグレード!
f0276498_10463248.jpg
高いところから見る夜景は都会っぽくて良いですね!
f0276498_10471331.jpg
「夜のすすきの交差点」
f0276498_10473796.jpg
駅前通りから電車がやって来て・・すすきの交差点を曲がっています。
昨年末に完成した札幌市電の新路線です。
駅前通りを電車が走るのは42年振りだそうです。

夕食は昨年行って良かった南3条の「海さくら」へ
f0276498_10481026.jpg
この店の舟盛りは最高です。
f0276498_10483057.jpg
さんざん飲み食いした後に・・
ホテルへ帰る道すがら・・
f0276498_10492534.jpg
吸い込まれるように入ってしまいました。
f0276498_10533813.jpg
「天一」
昨年は無かったので、ここ一年以内にできたのでしょうか?
f0276498_10495856.jpg
翌朝は吹雪いていました。
ホテル近くの「渡辺淳一文学館」に立ち寄った後
「中島公園通り」から市電に乗ります。
目の前をササラ電車が猛スピードで通過!
f0276498_10511403.jpg
目の前をササラ電車が猛スピードで通過!
f0276498_10513817.jpg
すすきのー狸小路を通り、西4丁目で下車
f0276498_10522738.jpg
電停も新しくなっています。
f0276498_10543516.jpg
繁華街を走る札幌市電・・路面電車マニアにはたまりませんね!
f0276498_10550725.jpg
観光客気分?札幌ラーメン共和国
f0276498_10555222.jpg
「空(そら)」でラーメン
f0276498_10563222.jpg
パセオの「よつ葉ホワイトコージ」でパフェ!

札幌を満喫してきました。

エゾリス君の宿カンタベリーのホームページ(新しい宿のサイトです)へ
2007年から公開している「カンタベリーの旧ホームページ」へ
マイとかちブログ「十勝・中札内村 森の中より」へ
エゾリス・カンタの日記~十勝・中札内村 森の住人たち~(Yahooブログ)へ


にほんブログ村
にほんブログ村 小動物ブログ リスへ
にほんブログ村

by tkomcanter | 2016-01-26 10:59 | | Comments(0)
f0276498_22594491.jpg
1月も下旬、いよいよ寒さもピークになってきました。
日が傾き始めると・・グッと気温が下がってきます。
f0276498_23001018.jpg
西側の空は不思議な色合いです。
f0276498_23003865.jpg
カラマツ林越しに日高山脈のシルエットが浮かび上がります。
f0276498_23011821.jpg
山が燃えているみたい?
夕焼けのグラデーション?
f0276498_23014876.jpg
厳しい寒さが美しい風景を創り出します。

エゾリス君の宿カンタベリーのホームページ(新しい宿のサイトです)へ
2007年から公開している「カンタベリーの旧ホームページ」へ
マイとかちブログ「十勝・中札内村 森の中より」へ
エゾリス・カンタの日記~十勝・中札内村 森の住人たち~(Yahooブログ)へ


にほんブログ村
にほんブログ村 小動物ブログ リスへ
にほんブログ村


by tkomcanter | 2016-01-23 23:03 | 中札内村 | Comments(0)
f0276498_22330303.jpg
唐戸港(下関)でふぐを食べた後、対岸の夜景を見ていると・・
どうしても、行きたくなるものですね。
f0276498_22334042.jpg
高速船で門司港まではわずか10分。
昨年につづき今年も九州へ上陸です。
f0276498_22344220.jpg
桟橋を降りると、目の前は門司港レトロ地区。
20数年前に訪れた時と比べると・・
観光地化され、オシャレなエリアとなったようです。
宿泊は安くなっていたレトロ建築の「門司港ホテル」に決め
居酒屋を探しがてら門司港を歩きます。
それらしきお店もあまりなかったので・・
門司港駅からJRで10分、小倉駅まで行くことにしました。
f0276498_22351742.jpg
小倉駅、こちらも20数年前と比べ随分ときれいになりました。
f0276498_22355596.jpg
繁華街の片隅に雰囲気のありそうな居酒屋があったので、こちらで一杯!
f0276498_22363974.jpg
翌朝、ホテルの部屋からは関門海峡と関門橋が望めます。
f0276498_22373833.jpg
ホテルを出るといきなりレトロな街並み
f0276498_22383565.jpg
ホテルの前の喫茶店で食べたモーニングセット。
f0276498_22404619.jpg
門司港のレトロな建物を見ながら橋(関門橋)のたもとまで
f0276498_22390662.jpg
九州と本州が一番接近している所
f0276498_22394322.jpg
人道トンネルも近くにあります。
暫し海峡の街の旅情に浸りつつも・・
帰りの飛行機の時間もあるのでこのあたりで戻ります。
f0276498_22420037.jpg
終着駅の門司港駅、レトロな駅舎は現在大改修工事中!
f0276498_22440391.jpg
2駅目門司駅で乗り換え、本州方面へ
さらに下関駅で乗り換え、宇部駅下車。
f0276498_22443513.jpg
駅前を散策して、昼食に広島焼きを食べて
山陽本線上り方面へ向かう太郎とはここで解散。
私は宇部線で山口宇部空港へ。
f0276498_22450092.jpg
「草江駅」
この駅舎からは想像できないけど、目の前に空港ビルが見える山口宇部空港の最寄駅(空港まで徒歩8分)です。
f0276498_22453209.jpg
「山口宇部空港」
f0276498_22471806.jpg
14時50分発 JALの羽田行きに乗り
羽田空港で17時50分発とかち帯広空港行きに乗り継ぎ

f0276498_22490227.jpg
羽田空港の夕景がとてもきれいでした!

2016新年の旅20「萩・長門市・下関門司」その1~まずは広島でお好み焼き~
2016新年の旅20「萩・長門市・下関門司」その2~維新のふるさと城下町萩~
2016新年の旅20「萩・長門市・下関門司」その3~今年は長門市役所に集合~
2016新年の旅20「萩・長門市・下関門司」その4~海峡の街・下関を歩く~

エゾリス君の宿カンタベリーのホームページ(新しい宿のサイトです)へ
2007年から公開している「カンタベリーの旧ホームページ」へ
マイとかちブログ「十勝・中札内村 森の中より」へ
エゾリス・カンタの日記~十勝・中札内村 森の住人たち~(Yahooブログ)へ


にほんブログ村
にほんブログ村 小動物ブログ リスへ
にほんブログ村


by tkomcanter | 2016-01-20 22:51 | | Comments(0)
f0276498_22404169.jpg
東京で雪を降らせた爆弾低気圧が半日遅れで十勝にやって来ました。
f0276498_22410988.jpg
ウッドデッキの上に積もった雪で窓が半分埋まってしまいました。
f0276498_22413117.jpg
降り始めからの積雪は約50センチ
カンタベリーの積雪計は約1メートルとなりました。
f0276498_22415505.jpg
カフェへの通路は何とか人ひとり通れるように除雪。
f0276498_22421742.jpg
これだけ積もるといろんなものが埋もれて大変!
f0276498_22423838.jpg
看板類もこの通りです。
f0276498_22433879.jpg
午後からは風が強くなってきました。
まだまだ気を抜けない状況ですね!

エゾリス君の宿カンタベリーのホームページ(新しい宿のサイトです)へ
2007年から公開している「カンタベリーの旧ホームページ」へ
マイとかちブログ「十勝・中札内村 森の中より」へ
エゾリス・カンタの日記~十勝・中札内村 森の住人たち~(Yahooブログ)へ


にほんブログ村
にほんブログ村 小動物ブログ リスへ
にほんブログ村


by tkomcanter | 2016-01-19 22:45 | 中札内村 | Comments(0)
f0276498_14572459.jpg
1月も後半に入りました。
さすがに寒さも厳しくなってきましたね。
f0276498_14575976.jpg
カンタベリー周辺の木々も霧氷になっています。
f0276498_14583150.jpg
空気がキーンと澄み切って、冬の十勝らしいクリアな風景です。

いつもはもちろん車で出かける帯広市内へ
たまにはバスにも乗ってみましょう!
f0276498_14585996.jpg
中札内市街の「中札内バス停」
平日は1時間おきにバスがあります。
帯広駅までは所要約60分、運賃740円
f0276498_14592216.jpg
定刻通りに黄色い車体のバスがやって来ました。
行き先表示は「愛国 幸福 帯広駅」
普段の自家用車移動と目線の高さが変わるので・・
見慣れた風景がとても新鮮に思えます。
幸福ー愛国を通過して帯広駅前バスターミナルへ
f0276498_14595099.jpg
観光客気分で街なかを散策
f0276498_15001500.jpg
「六花亭本店」
f0276498_15003682.jpg
2階の「レストラン ホーム」でランチ
食後のデザートは1階六花亭のケーキ
f0276498_15010006.jpg
そして・・斜め向かいは「藤丸百貨店」
f0276498_15012693.jpg
ニットの帽子とマフラーを着せてもらったエゾシカさんがお出迎え!

エゾリス君の宿カンタベリーのホームページ(新しい宿のサイトです)へ
2007年から公開している「カンタベリーの旧ホームページ」へ
マイとかちブログ「十勝・中札内村 森の中より」へ
エゾリス・カンタの日記~十勝・中札内村 森の住人たち~(Yahooブログ)へ


にほんブログ村
にほんブログ村 小動物ブログ リスへ
にほんブログ村


by tkomcanter | 2016-01-17 15:13 | 十勝 | Comments(0)
f0276498_23440801.jpg
仙崎港で飛び乗ったバスは・・
サンデン交通の俵山温泉・豊田・小月駅経由下関駅行きでした。
ひたすら山道を走りつづけること約2時間
下関の市街地へと入っていきます。
日本海から瀬戸内海へ突き抜けてしまったようです。
f0276498_23450001.jpg
城下町長府に近いバス停で下車。
土塀の美しい街並みを散策。
新しい建物も周囲の景観を損なわないように造られています。
f0276498_23453024.jpg
下関のイメージにはあまりないのですが・・城下町です。
f0276498_23460935.jpg
「長府毛利邸」
f0276498_23464256.jpg
建物もさることながら、庭園が素晴らしいです。

f0276498_23484306.jpg
こちらは現在の長府の街並み。

ここからもう一度バスに乗り約15分。
f0276498_23470665.jpg
唐戸(下関の中心市街地)へ
f0276498_23474006.jpg
洋館が立ち並ぶ、ノスタルジックな街並み
f0276498_23481306.jpg
海峡を挟んで向こう側は九州(門司)です。
f0276498_23490917.jpg
こちらの桟橋から門司港へは高速船でわずか10分。

下関は言わずと知れた「ふく」の街
f0276498_23502148.jpg
港にあった「ふく料理のお店・河久」
f0276498_23494295.jpg
高級魚・ふぐをとてもリーズナブルなお値段で食べさせてくれます。
f0276498_23510339.jpg
ふくのぶっかけ丼とフライ、味噌汁で1500円

店を出るとすっかり日が暮れてしまいました。
f0276498_23513754.jpg
「唐戸市場」
f0276498_23520781.jpg
「洋館のライトアップ」
f0276498_23524203.jpg
「唐戸港のショッピングモール」
目の前に見える北九州(門司)の夜景を見ていると・・
どうしても行ってみたくなってしまうものですね!

その5(最終回)へつづく

2016新年の旅20「萩・長門市・下関門司」その1~まずは広島でお好み焼き~
2016新年の旅20「萩・長門市・下関門司」その2~維新のふるさと城下町萩~
2016新年の旅20「萩・長門市・下関門司」その3~今年は長門市役所に集合~
2016新年の旅20「萩・長門市・下関門司」その5~門司港(九州)上陸~

エゾリス君の宿カンタベリーのホームページ(新しい宿のサイトです)へ
2007年から公開している「カンタベリーの旧ホームページ」へ
マイとかちブログ「十勝・中札内村 森の中より」へ
エゾリス・カンタの日記~十勝・中札内村 森の住人たち~(Yahooブログ)へ


にほんブログ村
にほんブログ村 小動物ブログ リスへ
にほんブログ村


by tkomcanter | 2016-01-15 23:56 | | Comments(0)
f0276498_23193405.jpg
1997年から始まった新年に市役所で待ち合わせる旅
今回は記念すべき20回目となります。
過去19回の待ち合わせ場所は・・
1997年 天竜市(現・浜松市天竜区)静岡県
1998年 白根市(現・新潟市南区)新潟県
1999年 井原市 岡山県
2000年 真岡市 栃木県
2001年 相川町(現・佐渡市)新潟県
2002年 尾西市(現・一宮市)愛知県
2003年 井波町(現・南砺市)富山県
2004年 いなべ市 三重県
2005年 迫町(現・登米市)宮城県
2006年 能美市 石川県
2007年 菖蒲町(現・久喜市)埼玉県
2008年 玉村町 群馬県
2009年 夕張市 北海道
2010年 七戸町 青森県
2011年 湧別町 北海道
2012年 久慈市 岩手県
2013年 気仙沼市 宮城県
2014年 松前町 北海道
2015年 鹿屋市 鹿児島県
よくもまあ~これだけ続いたものですね!
そして・・今年は長門市役所(山口県)に午前9時の集合です。

前日は東萩駅からから山陰線で長門市駅乗り換え
f0276498_23195231.jpg
美祢線で2駅、長門湯本駅で下車。
f0276498_23201799.jpg
海からはそんなに遠くない山あいの温泉街です。
「長門湯本温泉」
f0276498_23203959.jpg
こじんまりとした家庭的な温泉宿
f0276498_23214110.jpg
「一福旅館」に宿泊。
2食付で7000円でしたが・・
f0276498_23222329.jpg
料理はこんなにすごいです。
この料金では申し訳ないくらいですね!

翌朝9時、長門市役所に太郎もやって来て・・
f0276498_23231355.jpg
無事、今年も集合出来ました。
20回目の新年の旅スタート。
市役所前のバス停から、すぐにやって来た仙崎港行きのバスに乗車。
終点で下車して・・
f0276498_23234617.jpg
この橋を渡って、青海島へ上陸。
展望台からは仙崎の街並みが見事に見渡せます。
(トップの写真)
f0276498_23244664.jpg
まずは、青海島の集落を歩いてから
f0276498_23252658.jpg
「青海島の廃校になった小学校」
仙崎の街へ戻ります。
仙崎は両サイドを海に挟まれ、青海島が北風をブロックする天然の良港です。
f0276498_23255881.jpg
街の中心を貫くメインストリート「みすゞ通り」
f0276498_23263748.jpg
童謡詩人 金子みすゞさんの実家があり
f0276498_23271050.jpg
「金子みすゞ記念館」として公開されています。
f0276498_23274801.jpg
「みんなちがって、みんないい。」
f0276498_23280651.jpg
1か月前に安倍さんも来たみたい!
f0276498_23283333.jpg
「仙崎駅」
長門市駅からひと駅だけ伸びる美祢線の終着駅。

港町を散策した後は
f0276498_23290258.jpg
ここではやっぱり海鮮ですね!

店を出てすぐのところにバス停があり
行き先と時刻表を確認しようとしたら・・
すぐにバスがやって来た!とりあえず乗ってみます。
f0276498_23294161.jpg
行き先が決まっていない旅・・
来たバスに乗る・・
20年前からつづく、この旅のスタイルです。

その4へつづく

2016新年の旅20「萩・長門市・下関門司」その1~まずは広島でお好み焼き~
2016新年の旅20「萩・長門市・下関門司」その2~維新のふるさと城下町萩~
2016新年の旅20「萩・長門市・下関門司」その4~海峡の街・下関を歩く~
2016新年の旅20「萩・長門市・下関門司」その5~門司港(九州)上陸~

エゾリス君の宿カンタベリーのホームページ(新しい宿のサイトです)へ
2007年から公開している「カンタベリーの旧ホームページ」へ
マイとかちブログ「十勝・中札内村 森の中より」へ
エゾリス・カンタの日記~十勝・中札内村 森の住人たち~(Yahooブログ)へ


にほんブログ村
にほんブログ村 小動物ブログ リスへ
にほんブログ村


by tkomcanter | 2016-01-14 23:33 | | Comments(0)
f0276498_23491528.jpg
新山口駅から日本海側の城下町・萩へ
通常は特急はぎ号というバスで70分・2060円なのですが・・
f0276498_23504022.jpg
「スーパーはぎ号」新山口ー萩 60分 1030円
期間限定でこんなバスが運行していました。
もちろんこのバスに乗車!
バスは明倫センターという「花燃ゆ大河ドラマ館」の前に到着。
萩は日本を明治維新へと導いた人達を生み出した城下町。
ゆっくりと歩いてみます。
f0276498_23511598.jpg
「土塀と夏みかん」萩らしい風情です。
f0276498_23513692.jpg
「木戸孝允旧居」

f0276498_23554465.jpg
「高杉晋作生誕地」
城下町には維新ゆかりの有名人の家があちこちにあります。
f0276498_23522454.jpg
美しいなまこ壁は「菊屋家住宅」萩藩の豪商のお宅です。
f0276498_23531048.jpg
菊屋家向かいの「旧久保田家住宅」こちらは酒造屋だったようです。
f0276498_23541124.jpg
上級士族の屋敷があった堀内地区を歩いて・・
f0276498_23544394.jpg
萩城跡へ・・
天守閣等は明治に入ってから取り壊されましたが・・
在りし日のお城をイメージするのも良いですね。
f0276498_23563647.jpg
「口羽家住居」
f0276498_23572119.jpg
「鍵曲」
敵の侵入を阻むため、あえて見通しの悪い道にしています。
萩には今でも数か所この様な道が残っています。
f0276498_23575402.jpg
現在の繁華街「田町アーケード」

f0276498_23583014.jpg
昼食は「長屋門珈琲カフェ・ティカル」というお店で・・
f0276498_23585533.jpg
夏みかんマーマレードトーストと自家焙煎コーヒー

最後はここ「松蔭神社」と「松下村塾」
f0276498_00000737.jpg
昨年、明治日本の産業革命遺産として世界遺産に登録されました。
f0276498_00003986.jpg
この小さな私塾から伊藤博文、高杉晋作・・など
f0276498_00015785.jpg
明治維新をリードする人材を輩出したのですね!

萩の玄関口、東萩駅から
f0276498_00024620.jpg
この日の宿泊先の長門湯本へはローカル列車で移動です。

その3へつづく
2016新年の旅20「萩・長門市・下関門司」その1~まずは広島でお好み焼き~
2016新年の旅20「萩・長門市・下関門司」その3~今年は長門市役所に集合~
2016新年の旅20「萩・長門市・下関門司」その4~海峡の街・下関を歩く~
2016新年の旅20「萩・長門市・下関門司」その5~門司港(九州)上陸~


エゾリス君の宿カンタベリーのホームページ(新しい宿のサイトです)へ
2007年から公開している「カンタベリーの旧ホームページ」へ
マイとかちブログ「十勝・中札内村 森の中より」へ
エゾリス・カンタの日記~十勝・中札内村 森の住人たち~(Yahooブログ)へ


にほんブログ村
にほんブログ村 小動物ブログ リスへ
にほんブログ村


by tkomcanter | 2016-01-14 00:04 | | Comments(0)