十勝平野のど真ん中、中札内村にある「エゾリス君の宿 カンタベリー」から森の中の出来事、エゾリス、野鳥、周辺の観光スポット、宿の事などを紹介します。


by tkomcanter

2015光輝く島セイロン(スリランカ)vol.9~高原列車でヌワラ・エリヤへ~

f0276498_21381871.jpg
キャンディからはこの旅初の鉄道移動です。
f0276498_21415953.jpg
街の端に位置する「キャンディ駅」
f0276498_21425534.jpg
ここから15分ほど列車に乗り「ペーラーデニヤ」という駅で
コロンボから来る列車に乗り換えです。
f0276498_21433044.jpg
ペーラーデニヤ駅で下車、約1時間半の待ち時間。
f0276498_21473050.jpg
f0276498_21444262.jpg
クロックイン(前日まで宿泊のホテル)で頂いた朝食弁当をここで戴きましょう!
f0276498_21452885.jpg
ペーラーデニヤは分岐駅となっているので、両方向からいろんな列車がやって来ます。待ち時間も退屈しません。
目的の列車はコロンボ発パドゥッラ行のエキスポ・レイル(1等車両)です。
f0276498_21492244.jpg
ヌワラ・エリヤの最寄駅「ナーヌ・オヤ」まで2時間あまりの列車の旅。
もちろん1等車なので、少しは豪華な車内。
f0276498_21494720.jpg
列車が動きはじめて、しばらくすると、車内食が運ばれてきました。
ちょっとしたものでも嬉しいですね!
f0276498_21511162.jpg
列車は徐々に標高を上げ茶畑が見えてきます。
f0276498_21524141.jpg
対向列車と行き違い。
f0276498_21530035.jpg
標高1000メートルを越えました。
いくつもの茶畑と山村集落を通り過ぎ・・
f0276498_21550502.jpg
ナーヌ・オヤ駅到着です。
観光客はほとんどここで降ります。
スリーウィーラーの客引きをかわしながら
ヌワラ・エリヤ行きバスを見つけました。
f0276498_21552744.jpg
ヌワラエリヤ市街まではバスで15分くらいです。
f0276498_21565363.jpg
ヌワラエリヤのバスターミナル。
この日の宿はここから3キロ離れた湖沿いのヴィラ
f0276498_22000455.jpg
「ヴィラ・アカシア」
2泊お世話になります。
眺めの良いしゃれた宿です。
f0276498_22003072.jpg
夕食も注文しました。
f0276498_22015962.jpg
f0276498_22022312.jpg
もちろんカレーですが・・
ここのカレーはひときわ美味しい!

vol.10へつづく

2015光輝く島セイロン(スリランカ)vol.1~千歳からタイ航空で南の島へ~
2015光輝く島セイロン(スリランカ)vol.2~最古の仏教都市アヌラーダプラ~
2015光輝く島セイロン(スリランカ)vol.3~千年前の古都・ポロンナルワ~
2015光輝く島セイロン(スリランカ)vol.4~天空の都市シーギリア・ロック~
2015光輝く島セイロン(スリランカ)vol.5~世界遺産の石窟寺院ダンブッラ~
2015光輝く島セイロン(スリランカ)vol.6~シンハラ王朝の古都キャンディ~
2015光輝く島セイロン(スリランカ)vol.7~ビンナラワ・ゾウの孤児園~
2015光輝く島セイロン(スリランカ)vol.8~キャンディ王朝の象徴・仏歯寺~
2015光輝く島セイロン(スリランカ)vol.10~紅茶畑広がる英国風の避暑地~
2015光輝く島セイロン(スリランカ)vol.11~コロニアルな港町・コロンボ~
2015光輝く島セイロン(スリランカ)vol.12~旅の最終地点が”ゴール”~
2015光輝く島セイロン(スリランカ)vol.13~建築家ジェフリー・バワの作品~
2015光輝く島セイロン(スリランカ)vol.14~スリランカからバンコクへ~
2015光輝く島セイロン(スリランカ)vol.15~14年振りのバンコクを歩く~
2015光輝く島セイロン(スリランカ)vol.16最終回~カレーと紅茶と動物たち~


エゾリス君の宿カンタベリーのホームページ(新しい宿のサイトです)へ
2007年から公開している「カンタベリーの旧ホームページ」へ
マイとかちブログ「十勝・中札内村 森の中より」へ
エゾリス・カンタの日記~十勝・中札内村 森の住人たち~(Yahooブログ)へ


にほんブログ村
にほんブログ村 小動物ブログ リスへ
にほんブログ村





by tkomcanter | 2015-12-26 22:06 | | Comments(0)